ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM でクラウドに多層アプリケーション構造のサービスを自動展開する。


前々から検証しようと思ってて、面倒なので遠ざけていましたが、やっと重い腰を上げてクラウドの検証環境を構築しようと思います。
手始めに、2 層構造のサービス展開で 2 台ともに SQL Server( それぞれ 2008 R2 SP1 / 2012 SP1 )を配置します。とりあえず、クラウドの作成ウィザードから、クラウドを使用する準備と環境を整えます。

VM とサービスの画面、上部メニューの「 クラウドの作成 」をクリックします。

クラウドの作成

クラウドの作成ウィザードが起動するので、ウィザード通りに進めてみます。
名前は、適当に、おれおれクラウドと名付けました。

名前の設定

クラウドで使うリソースの場所を選択します。要するに、どのサーバのリソースをクラウドに割り当てるのかを決めます。
ここでは、SCVMM に展開している全ての物理サーバを使用するため、すべてのホストを選択しました。

全てのホスト

論理ネットワークは、VMM で使用しているいつもの論理ネットワークを使用します。
新しい論理ネットワークを使用する場合、事前に、作成しておく必要がありますので、注意。

論理ネットワークの選択

ロードバランサーも仮想化できるってすごいよね。
特に、新しいロードバランサーを作る必要もないので、デフォルトのロードバランサーを使用します。

ロードバランサーの選択

ポートの分類画面。
ここでは、ライブマイグレーションワークロードにチェックを入れます。
ライブマイグレーションは是非とも検証してみたいテクノロジなので、いずれここで検証します。

ポートの分類

VIP テンプレート / 記憶域は飛ばします。
ライブラリの画面で、保管している仮想マシンのパスを入力します。
ちょっと前に作成した仮想マシンを放置していたのをライブライに保管しているので、そいつのパスを指定します。

保管している仮想マシン

容量の画面。
クラウドに割り当てるリソースの容量を設定します。ここは、男前に全部無制限で行きましょう。
メモリ と HDD の容量には限界がありますが。。。

容量の設定

機能プロファイルの画面では Hyper-V を選択します。
別で余っているワークステーションを VMware で運用してみたい。それでこそ、SCVMM の素晴らしさがわかるのでしょう。

機能プロファイル - Hyper-V を選択

サマリーの画面。
設定した項目の一覧が再表示されるので、間違いがないか、しかっりと確認します。間違いがなければ、完了ボタンをクリックします。

設定項目の確認

クラウドの作成ウィザードが完了し、クラウドの環境が整ったら、次は、クラウドに早速、サービスの展開をしてみましょう。
作成したクラウドの名前を右クリックして、サービスの作成を選択します。

サービスの作成

新しいサービスのソースを選択してくださいの画面で、サービステンプレートの作成にチェックを入れる。

サービステンプレートの作成

新しいサービステンプレートの画面で 2 層アプリケーションを選択します。

2 層アプリケーションを選択

サービステンプレートデザイナーの画面。
2 台とも、Windows Server 2008 R2 Datacenter を使用し、SQL Server をそれぞれに展開させます。

SQL Server をそれぞれに展開

展開させる前に、名前と場所を選択して保存します。

名前と場所の選択

サービスの展開のイメージ画面。
それぞれに、Clude01 / Clude02 と PC 名を付けました。

サービス展開のイメージ

今回は長くなりそうなので気長に待ちます。ジョブの画面をのんびり見ながら待ちます。
ジョブの完了画面。無事に展開が完了したようです。

ジョブのプロセス

これだけのプロセスが自動され、クラウドへの展開も非常に楽にできるとは便利すぎます。

クラウドに展開した仮想マシン

とりあえず、2台 ともコンソール経由で接続してみます。

コンソール経由でログオン

何の問題もなく、無事に展開されています。
SQL Server の展開も両方共に問題なく、行われています。

これだけ、簡単に多層アプリケーションを展開する仮想マシンの管理・展開が出来るとはすごいもんです。
次は、今回、クラウドに展開した仮想マシンでサービスのスケールアウトを試してみたいと思います。

今回のように簡単にはいかない気がしますが、頑張ってやってみます。


, , , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>