ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Office 2010 をグループポリシーで管理する方法。


グループポリシー管理エディタではデフォルトでは Office 2010 に関する管理テンプレートは入っていませんので、Microsoft のサイトからダウンロードして、指定のフォルダへコピーする必要があります。

※ Windows Server 2008 R2 での AD DS 環境での解説となります。他のバージョンでの動作は確認していません。

まずは、下記のサイトから Office 2010 用の管理テンプレートをダウンロードします。OS のビット数に合ったものをダウンロードしましょう。

ダウンロードする

ダウンロードしたファイルを展開すると、以下のようなフォルダ構成となっていますので、ADMX フォルダ開きます。

ADMX フォルダを開く

ADMX フォルダを開くと、以下のようなファイルがあるので、ja-jp ファルダと、*.admx ファイルをすべて選択して、コピーします。

ファイルをコピー

ファイル名を指定して実行から [ %systemroot%\PolicyDefinitions ] を開きます。

ファイル名を指定して実行

%systemroot%\PolicyDefinitions が開いたら、コピーしたファイルを貼り付けします。

貼り付け

ちゃんと反映しているかどうかの確認をします。
グループポリシー管理エディターを起動し、[ コンピュータの構成 ] → [ ポリシー ] → [ 管理用テンプレート ] を展開して、Office 関連の項目があれば設定は完了です。

グループポリシー管理エディター

あとはここから、Office 2010 に関する設定を行えるようになります。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.