ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

App Controller SP 1 でプライベートクラウドに仮想マシンをデプロイする。


今回は App Controller を使って、SCVMM 上に展開しているプライベートクラウドに新しい仮想マシンをデプロイしてみたいと思います。
基本的な操作は SCVMM での操作とさほど変わりないため、SCVMM を使用している方であれば、何の違和感もなく直感で操作できると思います。

では、早速デプロイしてみましょう。
App Controller を起動して、バーチャルマシンの画面へ移動します。移動後、上部にある、デプロイをクリックします。

デプロイ

新しいデプロイの画面が開きますので、中央にある、構成をクリックします。

新しいデプロイ

デプロイ先のクラウドを選択します。

クラウドを選択

デプロイ先のクラウドを選択後、テンプレートの選択をクリックします。

テンプレートの選択

ここで選択するテンプレートは、SCVMM で作成管理しているテンプレートになります。

サービステンプレートの選択

テンプレートを選択後、仮想マシンの構成を行います。

仮想マシンの構成

仮想マシンのプロパティの設定画面。仮想マシン名とコンピュータ名などを入力します。

仮想マシンのプロパティ

仮想ネットワークアダプタを選択します。
こちらも、SCVMM で作成したネットワークとなります。

仮想ネットワーク

仮想ネットワークの設定が終わった、デプロイする準備が整ったので、右下にある、デプロイをクリックします。

デプロイ

仮想マシンの作成が開始されました。

仮想マシンの作成が開始

ジョブの画面で、進捗状況を確認します。
SCVMM とは違い、ジョブの詳細な進捗状況がわかりませんので、詳細な進捗状況を確認したい方は、SCVMM で確認する必要があります。

ジョブの画面

SCVMM のコンソールでデプロイの進捗状況を確認してみます。

SCVMM のコンソール

SCVMM でジョブの詳細を確認します。

SCVMM のジョブの画面

仮想マシンの作成が完了しました。
特に問題も無く、デプロイが完了したようです。ちなみに、警告画面が見えていますが、テンプレートで設定している SQL などの展開設定がサービス展開でないため、完了しませんという警告なので無視します。

ジョブの完了

デプロイが完了した仮想マシンを早速、起動します。
ジョブメニューにある、開始ボタンをクリックして、仮想マシンを起動させます。

仮想マシンを起動

次に、コンソールから仮想マシンに接続してみます。

仮想マシンに接続

コンソール経由で、作成した仮想マシンに接続できました。ドメインへの参加も問題なく完了しているようです。

ログオン画面

無事に仮想マシンに接続出来ました。ドメインへの参加もバッチリです。

仮想マシンのプロパティ

プライベートクラウドに仮想マシンをデプロイする作業は以上となります。
ここまでやって言うのもなんですが、プライベートクラウドにデプロイするだけであれば、わざわざ App Controller を使う必要はないかなと思います。SCVMM でクラウドへ展開するプロセスとあまり変わりなく、特に変化もないため、あくまでも、Windows Azure へのデプロイの管理ツールとして使用する方が向いているのではないでしょうか。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.