ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Office Web Apps Server を構築して Share Point 2013 で使用できるように構成する方法 – その 1


ブラウザベースで閲覧や編集が可能なサービスである、Office Web Apps を Share Point 2013 で使用すると Share Point 上で Office のドキュメントを共有したり、編集ができるようになります。

Office Web Apps を Share Point 2013 で使用するためには、少々面倒な作業が必要になりますが、それほど難しくはありません。
今回は Office Web Apps Server を別サーバで構成します。OS は Windows Server 2012 を、Share Point 2013 は Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 を使用するものと想定して解説していきます。

SCVMM から Office Web Apps Server を構成するサーバを展開します。

Office Web Apps Server 用のサーバを展開

Office Web Apps Server のサービスをクラウドへ展開します。

クラウドへ展開

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の場合、Office Web Apps Server をインストールする前に以下のコンポーネントをインストールする必要があります。

  • .NET Framework 4.5
  • Windows PowerShell 3.0
  • KB2592525

展開が完了したら、Power Shell を管理者権限で起動して、以下のコマンドレットを実行します。

Add-WindowsFeature Web-Server,Web-Mgmt-Tools,Web-Mgmt-Console,Web-WebServer,Web-Common-Http,Web-Default-Doc,Web-Static-Content,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Dyn-Compression,Web-Security,Web-Filtering,Web-Windows-Auth,Web-App-Dev,Web-Net-Ext45,Web-Asp-Net45,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Includes,InkandHandwritingServices

コマンドレットを実行

次に、Office Web Apps Server をインストールします。

Office Web Apps Server をインストール

インストーラーが起動するので、指示通りに進めます。

インストーラーの起動

インストール中です。環境によっては、それなりに時間がかかりますので、暫く待ちましょう。

インストール中

インストールが完了したら、閉じるをクリック。

インストールの完了

インストールはこれで、完了ですが、ここから Office Web Apps Server を Share Point 2013 で使用できるように Office Web Apps Server ファームを構成します。まず、管理者権限で、Power Shell を起動して以下のコマンドレットを実行します。

New-OfficeWebAppsFarm –InternalURL "http://servername" –AllowHttp -EditingEnabled

servername は Office Web Apps Server を実行するサーバの名前です。

Power Shell でコマンドレットを実行

実行すると、以下のような結果が表示されます。

コマンドレットの結果が返される

以下、Microsoft のサイトから引用

.NET Framework 3.5 のコンポーネントがインストールされてから削除された場合は、OfficeWebApps コマンドレットを実行したときに “500 Web サービス例外” または “500.21 – 内部サーバー エラー” のメッセージが表示される場合があります。これを修正するには、管理者特権でのコマンド プロンプトから以下のサンプル コマンドを実行して、Office Web Apps Server の正常な動作を妨げる可能性がある設定をクリーンアップします。

%systemroot%\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\aspnet_regiis.exe -iru

コマンドを実行

iisreset /restart /noforce

IIS の再起動

次に、Office Web Apps Server ファームが正常に作成された科の確認を行いますので、ブラウザを起動して http://servername/hosting/discovery へアクセスします。

Office Web Apps Server が正常に動作している場合、以下のような Web アプリオープンプラットフォームインターフェイスの XML ファイルが表示されます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> 
- <wopi-discovery>
- <net-zone name="internal-http">
- <app name="Excel" favIconUrl="http://servername/x/_layouts/images/FavIcon_Excel.ico" checkLicense="true">
<action name="view" ext="ods" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&><rs=DC_LLCC&>" /> 
<action name="view" ext="xls" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&><rs=DC_LLCC&>" /> 
<action name="view" ext="xlsb" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&><rs=DC_LLCC&>" /> 
<action name="view" ext="xlsm" default="true" urlsrc="http://servername/x/_layouts/xlviewerinternal.aspx?<ui=UI_LLCC&><rs=DC_LLCC&>" /> 

XML が表示される

これで、Office Web Apps Server を使用する準備が整いました。次に、Share Point 2013 を実行するサーバでの構成を行います。
続きは次回の記事で解説します。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.