ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

App Controller でプライベートクラウドに新しいサービスをデプロイする。


前回、SCVMM に展開しているプライベートクラウドに App Controller で仮想マシンをデプロイしましたが、今回は新しいサービスをデプロイする方法を解説してみたいと思います。

基本的には、前回とさほど変わりのない手順でデプロイする事ができます。
App Controller を起動して、左メニュのサービスをクリックして、デプロイをクリックします。

サービスをデプロイ

新しいデプロイのキャンパスが開きますので、クラウドの構成をクリックします。

構成をクリックします

デプロイするクラウドを一覧から選択します。

デプロイするクラウドを選択

次に、テンプレートをクリックします。もちろん、SCVMM で作成してあるテンプレートを選択することになります。

テンプレートの選択

使用するテンプレートを一覧から選択します。

テンプレートのを一覧から選択

次に、サービスの構成を行います。

サービスの構成

サービス名と説明の箇所に、それぞれ任意の値を入力します。

サービス名の入力

マシン層のサービスのインスタンスを構成します。

インスタンスの構成

仮想マシンのプロパティの画面が開くので PC 名と説明を入力します。

プロパティを入力

仮想ネットワークアダプタの箇所は変更できません。

変更出来ない

これでデプロイする準備が整いました。以下が構成済みの新しいデプロイの図になります。

デプロイの図

サービスの画面に戻ると、展開が開始されています。

展開が開始されている

仮想マシンの画面でも、新しい仮想マシンの作成が始まっています。

仮想マシンも作成が開始

App Controller では詳細なジョブの進捗状況を確認できないため、SCVMM でジョブを確認してみます。
このあたりが、改善されると便利なんですが。。。

SCVMM でジョブの進捗状況を確認

SCVMM でサービスの展開状況を確認してみました。

SCVMM で確認

App Controller に戻り、ジョブを確認します。
この通り、非常に簡素化されてるため、詳細な情報を得られません。

App Controller でジョブを見る

サービスのデプロイが無事に完了しました。状態を見ると実行中となっています。

App Controller でサービスのデプロイが完了

次に、仮想マシンの状態を見てみましょう。
新しく作成された仮想マシンも実行中となっていますので、コンソール経由で仮想マシンに接続してみます。

仮想マシンの状態を確認

無事にログイン画面が表示れたので、テスト用のアカウントでログオンします。

ログオン画面

無事にログオンできました。

ログオン完了

これで、サービスのデプロイが完了です。
SCVMM でプライベートクラウドにデプロイするのと比べて非常に簡素化されていますので、簡単に行えますが、詳細な設定など( 例えば仮想アプリケーションの設定など )が出来ないなど、不便な点も感じます。結局のところ、SCVMM で行わなければいけないのが残念です。

次回は、その仮想アプリケーション含んだサービスをプライベートクラウドにデプロイしてみます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.