ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Power Shell を使ってサーバの役割と機能をインストールする。


サーバの役割と機能をインストールするには、通常、サーバマネージャーからインストールするのが簡単ですが、結構、何度もやってるとサーバマネージャーからインストールするのは煩わしくなります。
何とかならないかと調べていたら、Power Shell を使って簡単にインストールする事が出来るようです。

Power Shell

サーバマネージャーモジュールを新しい Windows PowerShell の各セッションに読み込む必要があるので、まず、管理者権限で Power Shell を起動して、以下のコマンドレットを実行します。

Import-Module Servermanager

Import-Module Servermanager

これで、サーバの役割と機能をインストールする準備ができました。

インストールするには Add-WindowsFeature コマンドレット使用します。このコマンドレットと役割、役割サービス、および機能のを指定して実行することで、インストールする事が出来ます。

インストール時に指定するコマンドレットは Add-WindowsFeature [ コマンド名 ] となります。

例えば、IIS インストールしてみましょう。下記の通り、サーバにはまだ IIS はインストールされていません。

IIS をインストールする

IIS をインストールするには、以下のコマンドレットを実行します。

Add-WindowsFeature Web-Server

コマンドレットを実行

するとインストールが始まります。

インストール中

インストールが完了すると以下のような画面が表示されます。

インストールの完了画面

サーバマネージャーからインストールされているかを確認します。

インストールされている

このように、簡単なコマンドレットを実行するだけで、インストールができるため、サーバマネージャから実行するよりも、効率的で非常に便利です。
また、複数の機能や役割をインストールするには以下のようなコマンドレットを実行します。
※例では、グループポリシーの管理とデスクトップエクスペリエンスをインストールします。

Add-WindowsFeature GPMC,Desktop-Experience

上記のように、複数の機能や役割を指定する場合は、Add-WindowsFeature [ コマンド名,コマンド名 ] のようにカンマで区切って指定します。
グループポリシーの管理とデスクトップエクスペリエンスをインストール

インストールが完了したら、再起動を求められる。

インストールが終わり、再起動を求められる

再起動後、サーバマネージャーから、インストールがされているかの確認。
ちゃんとインストールされています。

サーバマネージャーから確認

このように、Power Shell を使用して、サーバの役割と機能をインストールすれば、GUI のサーバマネージャより簡潔にインストールする事ができますが、慣れるまでは( コマンド名を覚えるまでは )結構大変ですが、覚えてしまえば、簡潔に手早くサーバの構成をする事ができるので、重宝します。

参考記事:Microsoft Windows Server サーバーマネージャーのコマンドの概要


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.