ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

サーバの役割と機能のインストール状況を Power Shell で確認する。


Windows Server 2012 でサーバの役割と機能のインストール状況を確認するには、サーバマネージャーから役割及び機能を開いて確認するのが一般的ですが、このプロセスって結構面倒です。

サーバの役割の一覧。

サーバの役割

サーバの機能の一覧。

サーバの機能の一覧

Power Shell を管理者権限で起動し、以下のコマンドレットを実行すると、サーバの役割と機能の一覧が表示されます。また、インストールされている項目にはチェックが入ります。

Get-WindowsFeature

Get-WindowsFeature

Get-WindowsFeature の -name オプションは情報を表示する役割、役割サービス、または機能のコマンド識別子を指定することで、特定の役割または機能の一覧を表示させることができます。またワイルドカードが使用できます。
例えば、Web が含まれているものを表示させる場合、以下のようなオプションを付けて実行します。

Get-WindowsFeature -name Web*

これで Web を含む機能及び役割の名前が抽出されて一覧表示されます。

-name オプション

ついでに、もう一つ。
RSAT を含む機能・役割の一覧を表示されてみます。

Get-WindowsFeature -name RSAT*

RSAT を含む、機能・役割の一覧が表示されました。

RSAT を含む役割・機能を一覧表示


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.