ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM で SQL Server のデータ層アプリケーションを展開するも失敗した。


SQL Server のデータ層アプリケーション ( DAC = Data-Tier Application ) を展開しようと思い、SQL Server Management Studio で適当なデータベースを作成して、DAC のパッケージを作成して、SQL Server の展開用 sysprep 済みの VHD からテンプレートを作成して展開してみました。

データ層アプリケーションは、SQL Server のデータベースインスタンスに、テーブルなどのデータベースに関連付けれる全ての要素を、まとめてにパッケージ化する、SQL Server の標準機能です。
この機能を使うことで、新しく展開する SQL Server に対して、既存のデータをそのまま移行または作成できるため、スムーズに展開する事が可能になります。

と、いうことなので、多層アプリケーションの展開時には欠かす事のできないテクノロジなので、早速試してみましたが、何故かエラーが出て、展開に失敗します。とりあえず、解決策が見つからないので、失敗に至ったプロセスを記事にしてみます。

DAC のパッケージは SQL Management Studio を使用して作成します。
データ層アプリケーションの抽出を選択します。

データ層アプリケーションの抽出

データ層アプリケーションの抽出ウィザードが起動するので、指示通りに進めます。

次へ

DAC のプロパティなどを設定します。特に設定する項目は今回はないのでそのまま進めます。

プロパティ

検証と概要の画面。保存先や名前、バージョン情報などを確認して次へ。

検証の概要

パッケージのビルドが完了し、パッケージが完成しました。
完成したパッケージは、*.dacpac の拡張子が付きます。このパッケージを SCVMM のライブラリにインポートします。

テンプレートデザイナーから、マシン層のプロパティを開き、アプリケーションの構成の画面を開きます。
ここで、パッケージ化した DAC を設定します。SQLDAC インスタンス名、名前を確認します。また、展開時の実行アカウントも指定します。

アプリケーションの構成

アプリケーションの設定が完了したら、テンプレートデザイナーの画面を開き、展開します。
※ SQL Server の構成部分・sysprep 済み SQL Server 展開用 VHD については、過去の記事を参照して下さい。
SQL Server 2008 R2 の準備済みインスタンスイメージを展開する。

テンプレートデザイナー

これで、無事に展開できるハズ、と思っていたのですが、以下の通り、見事に失敗。

展開に失敗

サマリーを確認してみます。

サマリーを確認

SQL Server への接続に失敗したようです。もしくはインスタンス関連のエラーが原因とも書かれています。
とりあえず、失敗の原因となる設定忘れなどが無いかを挙げてみます。

  1. TCP / IP 関連の接続が許可されていない。
  2. ポートの開放がされていない。
  3. インスタンス名が一致しない。
  4. DAC 作成前のデータベースに不備がある。

・・・1、2、3 に関しては問題がないはず。インスタンス名は何度も確認済みだし、ポートの開放も展開用の VHD で設定済みだし。。。
あとは、作成したデータベースに問題があるのかくらいしか、思いつかない。。。

とりあえず、もう一度、最初から試してみます。



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.