ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

物理マシンを仮想環境( Hyper-V )へ移行させる – Hyper-V 導入編


前回の記事では、デスクトップマシンの HDD を丸ごと VHD に変換しました。これで、HDD をフォーマットして、Windows Server 2012 をインストールします。

Windows Server 2012 のインストールについての説明は省きます。
インストールが終わった直後からの記事になりますので、Windows Server 2012 のインストールについてはこの記事を参考にしてください。

以下は、物理サーバのインストールが終わった直後画面。まず、PC 名を変更し、ドメインへ参加させます。

インストール直後

PC 名を VM-WS2012 へ変更し、ドメインへ参加します。

PC 名とドメインの設定

以下の画面は、PC 名の変更と、ドメインへの参加が完了した直後。

ドメインへの参加の完了

次に、Hyper-V をインストールします。
サーバーマネージャーから役割の画面で Hyper-V にチェックを入れます。

Hyper-V をインストール

チェックを入れると、以下の機能のインストールも行われます。ダイアログにもある通り、インストールは必須ではありませんがが、ここでは機能の追加をクリックします。

機能の追加

仮想スイッチの設定です。
ここで設定しなくてもあとで設定できますが、設定しておきます。
表示されているイーサネットアダプタはサーバに搭載されている物理 NIC です。複数ある場合は、使用する NIC にチェックを入れます。

イーサネットの設定

インストールオプションの確認画面で、インストールする役割及び機能が表示されますので、確認をして、インストールをクリックします。

インストールオプションの確認

インストールが完了したら、再起動を求められるので、閉じるをクリックしてサーバを再起動します。

インストールが完了

再起動後、Hyper-V マネージャーを開いてみます。

Hyper-V マネージャー

これで、Hyper-V をインストールできたので、次回の記事で、SCVMM でこのサーバを仮想化ホストに追加します。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.