ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

App Controller で プライベートクラウドにデプロイした Server App-V のサービスをアップグレードする。


前回、App Controller でプライベートクラウドに仮想アプリケーションとして Thunderbird 17.0 を含むサービスをデプロイしました。

Thunderbird 17.0

Thunderbird 17.0

そこで、今回は、仮想アプリケーションの Thunderbird 17.03 にアップグレードをしたいと思います。アップグレードするには、事前に SCVMM でテンプレートに更新済みの仮想アプリケーションパッケージを設定しておきます。

新しいパッケージを設定

App Controller を起動して、サービスの画面を開き、アップグレードさせるサービスを右クリックしてアップグレードを選択します。

アップグレード

デザイナーの画面でサービスの図が表示されますので、テンプレートの箇所で「 新しいリリースの選択 」をクリックします。

新しいテンプレートのリリース

アップグレードさせるテンプレートを一覧から選択します。

テンプレート一覧

再度、サービスの図の画面に戻ると、現在のリリースバージョンと新しいリリースバージョンが表示されます。

新しいリリースバージョン

アップグレードするテンプレートのバージョンに間違いがなければ、アップグレードさせます。

アップグレードさせる

選択内容の確認画面。問題がなければ OK をクリックします。

設定の確認

ジョブの画面で進捗状況を確認します。

ジョブの確認画面

アップグレードが完了しました。状態の箇所が完了なっています。

アップグレードの完了

前回同様、SCVMM でジョブの完了画面を確認してみます。

SCVMM で ジョブの確認

SCVMM のサービス画面で展開状況を確認。
仮想アプリケーションパッケージの Thunderbird 17.0 から Thunderbird 17.03 へ変更されています。

サービスの展開状況

コンソールから仮想マシンへ接続して Thunderbird のバージョンを確認。

バージョンの確認

これで、サービスのアップグレードは完了です。
仮想アプリケーションパッケージを更新するだけですので、時間はかからず、すぐにアップグレードが完了します。

App Controller では前回や今回のように、展開やアップグレードが非常に簡単できるため、非常に便利なツールです。
Windows Azure を利用しているユーザであれば特に重宝できるかと思います。


, , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.