ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

App Controller で プライベートクラウドに server App-V サービスをデプロイをする。


久々に、App Controller の記事です。前回は新しいサービスをデプロイする方法を解説しました。今回は、仮想アプリケーションのサービスをデプロイしてみたいと思います。
以下は SCVMM でのサービステンプレートデザイナーです。仮想アプリケーションは事前にシーケンス処理を行った Mozilla の Thunderbird 17.0 を使用します。

デプロイする詳細

仮想アプリケーションの設定画面。
仮想アプリケーション化した Thunderbird 17.0 を展開してします。

仮想アプリケーション設定

準備ができたら、App Controller を起動して、テンプレートの選択をします。

テンプレートの選択

新しいデプロイの画面でクラウドの構成をクリックします。

クラウドの構成

デプロイ先のクラウドを選択します。

クラウドの選択

新しいデプロイの画面でサービスの構成をクリックします。

サービスの構成

サービスのプロパティ画面で、任意のサービス名を付けます。今回は Server App-V for Thunderbird 名前を付けます。

任意のサービス名を付けます

新しいデプロイの画面で、インスタンスの構成をクリックします。

インスタンスの構成

新規仮想マシンのプロパティを入力します。
PC 名を指定します。今回はアスタリスク( * )を指定します。

PC 名を指定

仮想ネットワークアダプタの画面では設定する項目がありません。

仮想ネットワークアダプタの画面では設定する項目がありません

これでデプロイする準備が整いました。

デプロイする準備が整いました

サービスのデプロイが開始されました。ステータスは展開中となっています。

サービスのデプロイが開始

SCVMM 側で、進捗状況を確認してみます。

SCVMM で確認

SCVMM ジョブの完了画面の確認をしてみます。
ちゃんと仮想アプリケーションのパッケージがインストールされています。

SCVMM ジョブの完了画面

App Controller を起動してデプロイ済みのサービスの画面を開きます。
デプロイが完了したサービスが実行中になっているのがわかります。

サービスが実行中

今度は、デプロイされた仮想マシンの状態を確認してみます。
ちゃんと問題なく実行されているようです。

デプロイが完了したサービスが実行中

App Controller のコンソールからデプロイした仮想マシンへ接続します。
ログオン ID とパスワードを入力します。

App Controller のコンソールからデプロイした仮想マシンへ接続

インストールした 仮想アプリケーション化された Thunderbird のプロパティを見てみます。
場所の欄が Server Application Virtualization となっています。

場所の欄が Server Application Virtualization となっています

無事に Server App-V でのサービスのデプロイは完了です。
次回は、展開した 仮想アプリケーションの Thunderbird サービスのアップグレード機能を使ってアップグレードをします。

Thunderbird 17.0


, , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.