ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM のサービス展開で SQL Server データ層アプリケーション展開に再度チャレンジしてみた。


前回、SQL Server データ層アプリケーション展開で見事に失敗して凹んでいましたが、再度チャレンジしてみることにします。とりあえず、検証用の SQL Server 2012 で適当なテーブルを作成し、データ層アプリケーション( DAC )の抽出をすることにします。

まず、検証用の SQL Server へログオンし、SQL-DB という新しいデータベースを作成し、以下のようなテーブルを作成します。

簡単なテーブルを作成

作成したら、データベースからデータ層アプリケーション( DAC )を抽出します。

DAC の抽出

データ層アプリケーションの抽出ウィザードが起動するので、次へをクリック。

DAC ウィザードが起動

DAC のプロパティを設定する画面。
パッケージ化して保存するので、バージョンナンバーや、エクスポート先のディレクトリを指定します。

DAC のプロパティ

概要画面で、設定内容に間違いがないかを確認して次へをクリック。

DAC 概要の画面

パッケージ化に成功したら、完了ボタンをクリックします。
ファイル名.dacpac が指定した場所に作成されているのを確認します。

パッケージ化の完了

次に、SCVMM のコンソールから、物理リソースのインポートを行います。
パッケージ化してできたファイル名.dacpac をライブラリへ放り込んでおきます。

SCVMM でインポート

次に、テンプレートデザイナーを開き、マシン層を右クリックして、アプリケーションの構成画面を開きます。
以下のように、SQL Server データ層アプリケーションパッケージを設定します。

DAC パッケージを設定

次に、一番下にある、詳細ボタンをクリックします。
すると、以下のようなウインドウが表示されますので、SQL Server インスタンス名を入力します。
※ここでインスタンス名を入力しないと、展開に失敗するようです。この事象については、検証済みですので、次回以降に記事にします。

インスタンス名を入力

あとは SQL Server の構成画面でそれぞれの箇所を設定します。
ここの構成画面での設定は以前に記事にしていますので、割愛させていただきます。ここら辺りの記事を参考にして下さい。

ここでは、リモート接続に TCP / IP を使用するにチェックを入れます。

SQL Server の構成

とりあえず、展開する準備はこれで整いました。サービステンプレートデザイナーに戻ると、SQL Server データ層アプリケーションの欄に設定したパッケージが表示されています。
特に問題がなければ展開の構成をクリックします。

テンプレートデザイナー

今回はクラウドへ展開します。

クラウドへ展開

展開を開始しましたのであとは転換が終了するのを待つのみです。
展開には結構時間がかかりますので結構ドキドキものですわ。

展開中

今回は無事に成功しました。ジョブのログを確認してみます。
以下のように、きちんと SQL Server データ層アプリケーションがインストールされています。

ジョブの完了画面

続いて、ジョブの完了画面の下部にある、変更履歴のタブをクリックして、確認してみます。
SQL Server データ層アプリケーションの欄に展開した DAC パッケージやインスタンス名が表示されています。

変更履歴の確認

サービスのホーム画面。展開したサービスのツリーを開いてみます。
SQL Server データ層アプリケーションが表示されており、展開済みとなっています。

サービスの確認

次に、新しい SQL Server にログオンして、本当に抽出したデータ層アプリケーションがデータベースに反映されているかを確認してます。
スタート画面から、SQL Server Management Studio を起動します。

SQL Server Management Studio の起動

起動すると、SQL Server へのログオン画面が表示されますので、Windows 認証でログオンします。

SQL Server へのログオン画面

ログオンしたら、データベースがきちんと展開されているかを確認します。
以下のように別のデータベースから SQL Server データ層アプリケーションを抽出したデータが格納されています。

データベースの確認

これで、以前に失敗した SQL Server データ層アプリケーションの展開が成功しました。
前回、失敗していた理由は、上記にも少々書きましたが、インスタンス名を入力していなかったのが原因でした。
結構、ハマる要素のある部分だと思いますので、次回の記事で、インスタンス名を入力しなかった場合の失敗と、入力した時の比較検証を記事にしたいと思います。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.