ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server データ層アプリケーション展開サービスのアップグレードドメインを試す – その 1


前回の記事では SQL Server データ層アプリケーションの更新を検証しましたが、今回は、アップグレードドメインを試してみたいと思います。既定のインスタンスは 2 台に設定し、最大インスタンスは 5 台にしますが、この構成ではアップグレードドメインの数は 2 となります。

マシン層の詳細

では、早速展開を開始します。基となるデータベースから SQL Server データ層アプリケーションを抽出するために、別に用意してある SQL Server へログオンして、以下のような構成のテーブルを含むデータベースを DAC として抽出します。

2 つのテーブル

データ層アプリケーションの抽出ウィザードを起動します。

データ層アプリケーションの抽出

データ層アプリケーションの抽出ウィザード

ウィザードが起動したら、指示通り進めていけば OK です。
以下の画面で、アプリケーション名・バージョンナンバー・パッケージの作成さきのパスを指定します。

必要事項の入力

データ層アプリケーションの抽出内容の概要が表示されます。問題がなければ次へをクリックします。

概要

DAC のパッケージ化が完了したら「 完了 」ボタンをクリック。

DAC パッケージ化が完了

出来上がった DAC パッケージを SCVMM のライブラリへインポートします。

インポート

インポートするファイルとインポート先のパスを指定します。

SCVMMM へインポート

インポートが完了したら、サービスの画面へ移り、稼働しているサービステンプレートのコピーをして新しいバージョンのサービステンプレートを作り、テンプレートデザイナーを開きます。

テンプレートデザイナーを開きます

この状態で、アプリケーション層に WindowsEdtion.dacpac を構成します。

WindowsEdtion.dacpac を設定する

この状態で、クラウドへ展開します。既定のインスタンス数は 2 台のため、SQL Server 2012 が 2 台展開ます。

クラウドへ展開

展開が完了したのでジョブの完了画面を確認します。
それぞのサーバで WindwosEdition.dacpac がインストールされています。

それぞのサーバで WindwosEdition.dacpac がインストールされています

以下の画像の通り、DB-SV-01 と DB-SV-02 といサーバに WindowsEdition という SQL Server データ層アプリケーションがインストールされているのがわかります。

DB-SV-01

DB-SV-02

展開した、それぞれの SQL Server へログオンして、DAC がインストールされているかを確認します。
全く同じ内容のテーブルがデータベースで展開されています。

2 つのサーバにインストールされている

これで、とりあえず、SQL Server の展開と DAC の展開は完了しました。
アップグレードドメインは次回の記事で解説します。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.