ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server データ層アプリケーション展開サービスのアップグレードドメインを試す – その 2


前回の記事では、SQL Server データ層アプリケーションと Windows Server 2012 を 定のインスタンス数の 2 台で展開しました。今回はその続きで、展開した、それぞれのサーバに新しい SQL Server データ層アプリケーションを展開します。
つまり、前回展開した DAC と今回の新しい DAC を差し替える作業となります。新しい DAC は前回に展開した内容に、更に新しいテーブルを追加しただけになります。

それでは、さっそく、アップグレードドメインを試してみます。
アップグレードドメインをするサービスを選択して、テンプレートの設定を選択します。

テンプレートの設定

更新済みサービステンプレートの画面で、参照ボタンをクリックして新しいサービステンプレートを選択します。

新しいサービステンプレートの選択

選択が終わったら、更新済みサービステンプレートに戻るので、次へをクリックする。

更新済みサービステンプレート

更新方法の選択画面です。
今回は、アプリケーション層のデータのみの変更となりますので、「 配置済みのバーチャルマシンに更新プログラムを適用する 」を選択します。

更新方法 更新プログラムの確認の画面。
サービステンプレートをサービスに適用の画面で、新しい値の箇所を確認します。以下の画像では、アンインストールするアプリケーションが WindowsEdition、新しくインストールするアプリケーションが WindwosEdition_1.1.dacpac となっています。ここに間違いがあれば面倒なので、きちんと確認しておきましょう。

更新プログラムの確認

設定の確認画面。間違いがないかを再度確認します。

確認画面

それでは完了をクリックして、保留中となっている更新するサービステンプレートを選択して、テンプレートの適用をクリックします。
すると、アップグレードが始まりますので、ジョブ画面でも眺めておきましょう。

全てのジョブが完了したら、ジョブ画面で展開されたプロセスを確認します。
以下の画像では、それぞれのインスタンスで SQLDAC のアンインストールと新しい SQLDAC のインストールが行われているのがわかります。

それぞれのインスタンスで SQLDAC がインストールされている。

サービス画面を確認すると、DAC パッケージが Windows Edition_1.1 に変更してます。

それぞれのインスタンスで SQLDAC がインストールされている。

サービスのアップグレードドメインが始まりました

アップグレードドメインが完了したので、それぞれのサーバへログオンしてテーブルが追加れてているかを確認します。
無事にそれぞれのサーバに WindowsEdition_1.1.dacpac がインストールされており、きちんと SQL Server のテーブルに反映されています。

展開成功

これで、SQL Server データ層アプリケーション展開サービスのアップグレードドメインの検証は完了です。
使い方によっては非常に便利な機能ですので、一度、検証してみることをお勧めします。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.