ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM で Hyper-V ライブマイグレーションを実行する。


前回の記事で、Hyper-V クラスターを構成しました。そこで、マイグレーション今回は Windows Server 2012 Hyper-V の目玉のひとつである、ライブマイグレーションを実行してみたいと思います。
SCVMM 環境下での管理となるので、SCVMM 側からライブマイグレーションを実行させます。
Hyper-V 側でのライブマイグレーションは、また別の記事で開設したいと思いますが、基本的には全く同じです。

SCVMM 側でにライブマイグレーションの設定

SCVMM のコンソールから、ライブマイグレーションさせる仮想マシンを選択して、右クリックをしてバーチャルマシンの移行を選択します。
ライブマイグレーションではなく、単純に仮想マシンを移行させる時のやり方とほとんど一緒です。

バーチャルマシンの移行

移行先ホストの選択画面で、仮想マシンを移行させるホストを選択します。
このとき、以下の画像の赤丸部分に注目してください。転送の種類が Live( VSM )と表示されてます。これがライブマイグレーションを使用して仮想マシンを転送するという事を示しています。

移行先ホストの選択

パスの選択画面。で仮想マシン構成ファイルの保存先パスと、VHD の保存先パスを指定します。

仮想マシン構成ファイルの保存先の指定

ネットワークの選択で、仮想マシンが使用している仮想スイッチを指定します。
ここはデフォルトのままで問題ありません。

仮想スイッチの設定

移行先の確認画面で、パスや移行させる仮想マシンに間違いがないかの確認を行います。
確認が終われば、下にある、「 移行 」ボタンをクリックして、ライブマイグレーションを開始します。

サマリーの確認

ライブマイグレーションが開始されました。
画像にあるデスクトップ画面は、ライブマイグレーションで移行中の仮想マシンのデスクトップ画面です。
全くダウンタイムなしで、仮想マシンを移行できるため、災害時や環境の再構成時に一時的にシステムをシャットダウンさせる必要がないため、非常に重宝します。

ライブマイグレーションの最中

ジョブで、ライブマイグレーションの進捗状況を確認してみます。

ジョブの進捗情報

ジョブの完了画面です。
ライブマイグレーションの完了まで、おおよそ 90 分ほどかかりました。
環境にだいぶ左右されますが、今回のケースではマスタ VHD の容量とスナップショットの VHD の容量が大きいため、ライブマイグレーションには時間がかかります。

ジョブの完了画面

ライブマイグレーションの完了後。
無事に移行先ホストへ仮想マシンを移行できました。

無事に移行完了

Hyper-V クラスタを構成している関係で、SCVMM 側からライブマイグレーションをしてみましたが、SCVMM の従来の仮想マシンの移行と何ら変わることが無いため、今までと普通の感覚でライブマイグレーションを行えるため、非常にスムーズに移行できるかと思います。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.