ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

クラスター対応更新の構成と実行。


前々回で Hyper-V クラスターを構成しましたので今回は、フェールオーバークラスターを構成しているノード単位に Windows Update の修正プログラムを自動的にインストールを実行する事の出来る、クラスタ対応更新の構成方法を解説します。

フェールオーバークラスターマネージャーを起動してクラスターに接続後、構成エリアにある、クラスター対応更新をクリックします。
すると、クラスター対応更新のウインドウが起動しますので、右側にある、「 このクラスターに更新プログラムを適用する 」をクリックします。

クラスター対応更新

クラスター対応更新ウィザードが起動しますが、デフォルトのままでは以下の画面のようにエラーが出て先へ進めません。

エラーで先へ進めない

先へ進む前に Windows のリモートシャットダウンを許可するためにファイアウォールのポートを開放しておく必要があります。
リモート シャットダウンの受信規則( TCP 受信 )の項目を有効にしておきます。

ポートの開放

右側メニューある「 事故更新オプションの構成 」をクリックします。

クラスターの自己更新オプション

CAU( クラスター対応更新 )のクラスター化された役割をじこ更新を有効にして追加という画面にチェックを入れて、次へをクリック。

自己更新モードを有効にして追加

自己更新スケジュールの画面で、更新させる頻度を任意で設定します。

自己更新スケジュール

詳細オプションの箇所は、デフォルトのまま、変更せずに次へをクリック。

詳細オプション

追加オプションの画面で、「 推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する 」にチェックを入れます。

チェックを入れる

確認の画面。設定の確認画面ですので、間違いがないかを確認して適用をクリックします。

確認画面

クラスター化された役割の追加の画面で処理が完了するのを待ちます。

処理中

処理が完了したら、以下のように表示されます。

処理が完了した

これで、クラスター対応更新をクラスターで使用するための準備が出来ました。
次からは、クラスター対応更新の設定と、更新プログラムの更新を行います。

フェールオーバークラスターマネージャーを起動して、中央ペインの構成の箇所で「 クラスター対応更新 」をクリックします。

フェールオーバークラスターマネージャーを起動

クラスター対応更新ウインドウが起動したら、右メニューの「 このクラスターに更新プログラムを適用する 」をクリックします。

更新プログラムを適用

クラスター対応更新ウィザードが起動するので、そのまま次へをクリックします。

クラスター対応更新ウィザードが起動

確認の画面でクラスター名を確認し、更新をクリックします。

更新をクリックします

完了の画面。
自己更新モードで即時更新をスケジュールが処理されています。バックグランドで処理されています。

即時更新をスケジュール

更新プログラムの適用が開始されました。下記ペインで進捗状況を確認できます。
クラスターを構成している各ノードをスキャンして、更新プログラムの適用が必要かどうかをチェックしています。

更新プログラムのスキャン

ノードに適用する更新プログラムがあった場合、以下の画像のように、ダウンロードからインストール・再起動まで自動で行われます。

更新プログラムのダウンロード

更新プログラムの適用が終わったノードが自動的に再起動されます

各ノードの更新が完了の場合、以下のように表示されます。

更新プログラムの適用が完了

このように、ノード毎に自動的に更新プログラムが展開されるので、クラスターを構成している、各ノードに対して更新プログラムを適用する手間が省けます。


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.