ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows Server 2012 で iSCSI ターゲットサーバを構成する。


iSCSI とは SCSI を TCP / IP 上で利用可能にしたプロトコルで SCSI デバイスをネットワーク上に公開するためのテクノロジで iSCSI ターゲットサーバ、SCSI デバイスをネットワーク経由で利用するクライアントを iSCSI イニシエータと呼びます。

簡単に言えば SCSI ケーブルが LAN に変わったようなもので、iSCSI が提供する仮想ディスクは iSCSI イニシエータから見ると、あたかも物理ディスクのように扱え、iSCSIターゲットサーバーは Windows Server 2012 では標準で搭載されており、さらにクライアント側が iSCSI が提供する仮想ディスクに接続するために必要な iSCSI イニシエータは Windows Vista 以降であれば標準で搭載されています。

レジストリのイメージ

iSCSIターゲットサーバーが提供する仮想ディスクは iSCSI イニシエータを介して接続した側ではローカルディスクのような扱い方が可能なため、iSCSI を共有ストレージとして公開し、フェールオーバークラスターを構成することも可能で、Hyper-V 上に構築した仮想マシンで iSCSI ターゲットサーバを構築し、Hyper-V に展開しているノードを使用してクラスターを構成し、可用性の高い環境を構築できます。

今回は SCVMM で Hyper-V 上に展開した仮想マシンを使用して、iSCSI ターゲットサーバを構成してみたいと思います。iSCSI の役割のインストールは既にインストールが完了しているものとして進めていきます。iSCSI 関連のインストールはサーバーマネージャーを使用して、iSCSI の役割をインストールすれば OK です。

ちなみに Windows Server 2012 ではなく、Windows Server 2008 R2 の場合、iSCSI ターゲットは標準で搭載されていないため、Microsoft iSCSI Software Target 3.3 を使用する事になります。

それでは、サーバーマネージャーを起動して、ファイルサービスと記憶域サービス → iSCSI と展開し、以下の画像にある、iSCSI 仮想ディスクウィザードを起動します。

iSCSI 仮想ディスク作成ウィザード

iSCSI がインストールされたサーバが表示されるので、その中から、使用するサーバを選択し、記憶域の場所の箇所で、ボリュームで選択をクリックします。以下の画像では、F ドライブ 590 GB を選択しています。

サーバと記憶域を選択する

iSCSI 仮想のディスクの名前を付けます。任意の名前で構いません。

iSCSI 仮想ディスクの名前

iSCSI 仮想ディスクのサイズを指定します。以下の画像では、590 GB フルに使用します。

iSCSI 仮想ディスクのサイズ

iSCSI ターゲットの割り当ての画面で、新しい iSCSI ターゲットにチェックを入れて次へをクリック。

iSCSI ターゲットの指定

ターゲット名の指定の画面。iSCSI ターゲットの名前を指定します。任意の名前で問題ありません。

ターゲット名の指定

アクセスサーバの指定の画面。
iSCSI イニシエータを使用してこの iSCSI 仮想ディスクへ接続してくるイニシエータを下記にある「 追加ボタン 」をクリックして指定します。

アクセスサーバの指定

選択内容の確認をして問題や誤りがなければ、以下にある「 作成 」ボタンをクリックします。

設定内容の確認

「 作成 」ボタンをクリックをクリックすると、作成ウィザードが処理を開始するので、完了するまで暫く待ちます。

処理の完了

これで iSCSI ターゲットサーバの設定は完了しました。
次に、iSCSI イニシエータを使用して接続するマシンを起動して、コントロールパネルの iSCSI イニシエータをクリックします。

クライアント側のコントロールパネル

iSCSI イニシエータを起動すると、iSCSI イニシエータのプロパティが起動します。
ターゲット名に iSCSI ターゲットを構成したホストの名前か IP アドレスを入力して、クイック接続をクリックします。

ホスト名を入力してクイック接続

接続に成功したら、管理ツールから、コンピュータの管理を起動して、ディスクの管理を見てみます。
赤い線で囲った部分が、iSCSI ターゲットサーバにある仮想ディスクです。まるでローカルディスクにあるように見えますが、iSCSI ターゲットの仮想ディスクです。
ただ、このままだとこのディスクを使うことはできないので、オンラインにして初期化する必要があります。

ディスクの管理から見た iSCSI 仮想ディスク

オンラインにして、初期化をして、新しいボリュームとして認識させました。これで、iSCSI 仮想ディスクの作成が完了しました。
この フェールオーバークラスターの 共有ストレージとして iSCSI 仮想ディスクを公開できます。

ディスクを使用する準備が完了


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.