ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フェールオーバークラスター構成のファイルサーバを構築する。


ファイルサーバをクラスター構成にすることで、クラスターを構成しているサーバに障害が発生した場合でも他のサーバがファイルサーバの役割を担うことができるため、信頼性の高いシステムの構築が可能となります。

前回の記事で iSCSI ターゲットサーバを構成しましたが、今回は 2 ノードで構成したクラスターでファイルサーバを構築する手順を解説します。

まず、クラスターに共有ディスクを追加する必要がありますので、iSCSI のターゲットサーバで作成した仮想ディスクを選択しますので、フェールオーバークラスターマネージャーの記憶域 → ディスクと展開し、右クリックして「ディスクの追加」を選択します。

クラスターにディスクを追加

追加が可能なディスクにチェックを入れて次へをクリックします。今回は 540 GB のディスクを追加します。

追加可能なディスクを選択

ディスクの追加が終わったら以下のようにオンラインになっているのを確認します。

ディスクがオンラインになっているのを確認

次に、フェールオーバークラスターマネージャーからクラスターを展開し、役割の箇所で右クリックをして「 役割の構成 」をクリックします。

役割の構成をクリック

高可用性ウィザードが起動しますので、説明文に目を通してから次へをクリックします。

高可用性ウィザードの起動

高可用性を構成する役割の箇所で「 ファイルサーバ 」を選択して次へをクリックします。

高可用性を構成する役割を選択

クラスター化されたファイルサーバのオプション設定の箇所で「 汎用ファイルサーバ 」にチェックを入れて次へをクリック。

汎用ファイルサーバにチェックを入れる

クライアントアクセスポイントの設定画面で、クラスター化された役割の名前を指定します。ここで指定する名前は、クライアント側からファイルサーバへアクセスするときのホスト名となります。
また、クライアントアクセスポイントの IP アドレスを指定します。

クラスター化された役割の名前

記憶域の選択画面。
クラスター化された役割に割り当てる記憶域のボリュームのみを選択します。今回はボリューム全体を使用します。

クラスター化された役割に割り当てる記憶域を選択

確認の画面で、ファイルサーバの高可用性を構成する準備が出来たので、記憶域、ネットワーク名、OU、IP アドレスの確認をして次へをクリックします。

確認画面

役割の可用性の構成が完了したら、以下のような画面が表示されます。
確認後、完了ボタンをクリックして、高可用性ウィザードを終了させます。

高可用性ウィザードの完了

フェールオーバークラスターマネージャーに戻り、役割の部分で構成したディスクがファイルサーバとして実行されているかを確認します。

役割でファイルサーバの確認をする

次に、先ほど追加した、ディスクをファイルサーバとして共有するために、ディスクの共有の設定を行います。
iSCSI イニシエータでアクセスした側の PC で認識されているクラスター化されたディスクを右クリックします。

ディスクを右クリック

共有のタブを開き「 詳細な共有 」をクリックします。

詳細な共有

詳細な共有のウインドウで「 このフォルダを共有する 」にチェックを入れ、アクセス許可のボタンをクリックします。
共有名は「 Storage-Server 」と名付けます。

共有にチェックを入れる

共有の設定が終わったら、適当なクライアントから、ネットワークの一覧でネットワーク内にクラスター化したファイルサーバの名前 ( クライアントアクセスポイントの設定画面で付けた名前 )があるかを確認します。

ネットワークの一覧

ファイルサーバが認識されていれば、アクセスしてみます。

共有名の Storage-Serer が表示されている

ちゃんとアクセスができる

無事にアクセスできました。
これで、フェールオーバークラスター化したファイルサーバの構築は完了です。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.