ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションの実行編


Hyper-V レプリカブローカーの構成が完了したので、レプリケーションを実行していたいと思います。

フェールオーバークラスター環境下でのレプリケーションは Hyper-V クラスター下で稼働している仮想マシンが対象となるため、フェールオーバークラスターマネージャーから、役割の構成から、対象の仮想マシンを高可用性へ構成する必要があります。

役割の構成を選択する

高可用性ウィザードが起動しますので、構成する役割の項目の一覧の中から、仮想マシンを選択します。

高可用性に構成する役割を一覧から選択

仮想マシンの選択の画面で、Hyper-V クラスターで稼働している仮想マシンが表示されますので、レプリケーションさせる仮想マシンを選択します。

仮想マシンを選択する

高可用性の構成が正常に終了したら、フェールオーバークラスターのコンソールの役割に表示されているレプリケーションする仮想マシンを右クリックして、レプリケーションの有効化をクリックします。

レプリケーションの有効化を行う

レプリケーションの有効化のウィザードが起動するので、最初の画面で次をクリックして、レプリカサーバの選択画面で、Hyper-V クラスターを構成していないサーバをレプリカサーバーとして選択します。つまり、対象の仮想マシンが稼働しているのとは別の Hyper-V サーバを指定します。

レプリカサーバの指定

レプリケーション時の接続パラメータの指定画面で、Hyper-V レプリカブローカーで構成した内容と同じ方法を指定します。今回は Kerberos 認証を使用します。SSL で暗号化する場合は、証明書ベースでの認証を構成してください。

接続パラメータの指定

レプリケーション VHD の選択画面では、レプリケーションする VHD にもチェックを入れます。
※ちなみにこの記事では、レプリカの保存先として選択したレプリカサーバから Hyper-V レプリカブローカーで追加した iSCSI 仮想ディスクに保存されるように構成されています。

レプリケーションする VHD を選択する

回復の履歴の構成では、最新の回復ポイントのみにチェックを入れます。
複数の回復ポイントを指定する場合、追加の回復ポイントにチェックを入れて保存する回復ポイントの数を指定します。

回復の履歴の構成

初期レプリケーションの方法の選択画面では、初期レプリケーション方式の箇所で「 初期コピーをネットワーク経由で送信する 」にチェックを入れて、初期レプリケーションのスケジュールで「 すぐにレプリケーションを開始する 」にチェックを入れて次へをクリックします。

初期レプリケーション選択画面

レプリケーションを有効にするために設定した内容が表示されるので、間違いがないかを、ここでちゃんと確認します。

設定の内容をしっかりと確認する

レプリケーションが開始されたら、その進捗状況は、フェールオーバークラスターマネージャーのコンソールから確認できます。
役割の箇所の下部、レプリケーションする仮想マシンの名前が表示されている箇所で、リアルタイムでレプリケーションの状況を確認する事ができます。
レプリケーションの種類がプライマリ、レプリケーションの状態が初期レプリケーション進行中、正常性が標準となっている。

レプリケーションの進捗状況の確認

レプリケーションが完了すると、以下のような画面が表示されますので、レプリケーションが有効になっているかを確認します。

レプリケーションの完了画面

次に、レプリケーションの正常性を確認しますので、対象となる仮想マシンを右クリックしてレプリケーション正常性の表示をします。

レプリケーション正常性の表示

レプリケーションした仮想マシンの正常性が、項目ごとに評価されています。
待機時間が 5 分を超えたので警告マークが表示されている以外、他の項目は全く問題ありません。

レプリケーションの正常性

これで、レプリケーションの実行は完了しました。
開始してから、おおよその時間ですが、60 分を超えています。容量が大きいともっと時間がかかるのかもしれませんが、ディスクの性能にも左右されるので一概には言えません。

次回はレプリケーションと計画フェールオーバーの解説を行う予定です。

[ 第 01 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリカブローカー構成編
[ 第 02 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションの実行編
[ 第 03 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションと計画フェールオーバー編
[ 第 04 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – フェールオーバーとリバースレプリケーション編


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.