ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションと計画フェールオーバー編


前回は、実際にレプリカサーバへ対象となる仮想マシンのレプリケーションを行いました。今回は Hyper-V レプリケーションを使用して、物理サーバから仮想マシンを他の物理サーバへダウンタイムなしで移行させることを計画フェールオーバーと呼びます。計画フェールオーバーを実施するケースとして、例えば、仮想マシンが稼働する物理マシンがシャットダウンするなどの障害に見舞われるなどのシーンを想定して、実際に試行して確認するときなどに使用します。

計画フェールオーバーを実行するには、役割の一覧の箇所にある、計画フェールオーバーを実行する仮想マシンを右クリックして、プロパティを開きます。ここで、仮想マシンの要約の部分で、レプリケーションが有効になっていることを確認します。

プロパティを開く

仮想マシンのプロパティが開きますので、フェールオーバーのタブを選択し、フェールバックの箇所で、「 フェールバックを許可する 」と「 今すぐ 」にチェックを入れて適用 → OK をクリックします。

フェールバックを許可する

設定が終わったら、役割の一覧にある、仮想マシンを右クリックしてレプリケーションのメニューから、計画フェールオーバーを選択します。

計画フェールオーバー

計画フェールオーバーのウインドウが開きますので、前提条件の確認と、操作の確認の行ってから、フェールオーバーのボタンをクリックします。

計画フェールオーバーのウインドウ

フェールオーバーが実行されました。先ほどの確認箇所がフェールオーバーの進捗状況を示しています。

計画フェールオーバーが実行中

フェールオーバーが完了したら、計画フェールオーバー完了のダイアログが表示されます。

計画フェールオーバー完了のダイアログ

現在のレプリカサーバにある仮想マシンへアクセスして仮想マシンを起動させます。

フェールオーバーさせた仮想マシンを起動してログオンする

何の問題もなく起動します。
これで、計画フェールオーバーの実行は完了です。

計画フェールオーバーの終了

次回はリバースレプリケーションについて解説します。

[ 第 01 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリカブローカー構成編
[ 第 02 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションの実行編
[ 第 03 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションと計画フェールオーバー編
[ 第 04 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – フェールオーバーとリバースレプリケーション編


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.