ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – フェールオーバーとリバースレプリケーション編


今回でクラスター環境下での Hyper-V レプリケーションの解説は最終回となります。前回では、計画フェールオーバーについて解説しました。最終回のの今回は、リバースレプリケーションについて解説していきます。

現在のレプリカサーバのレプリカの仮想マシンから、既存の仮想マシンにレプリケーションを反転するように構成できます。つまり、その仮想マシンのプライマリサーバの役割が現在のレプリカサーバに移ります。

まずは、対象となる仮想マシンをフェールオーバーさせる必要があるので、コンソールから役割の一覧にある、フェールオーバーをさせる仮想マシンを選択します。その際、仮想マシンはシャットダウンしている状態にしておきます。
仮想マシンを選択し、右クリックしてレプリケーション → フェールオーバーを選択します。

フェールオーバーを選択

以下のようなダイアログが表示されるので、任意の回復ポイントを選択して、フェールオーバーボタンをクリックします。

フェールオーバーのダイアログ

すると、フェールオーバーが完了しますので、コンソールの下部にある、リソースを確認します。
レプリケーションの正常性が「 警告 」となっています。また、現在のプライマリサーバが WS2012-VMM-SVR になっており、現在のレプリカサーバが VM-WS2012 と設定されています。

フェールオーバーの完了

次は、本題のリバースレプリケーションを実行しますので、対象となる仮想マシンを右クリックしてレプリケーション → リバースレプリケーションを選択します。

リバースレプリケーションを選択

レプリケーションの反転ウィザードが起動するので、次へをクリックします。

レプリケーションの反転ウィザード

レプリカサーバの指定の箇所で、先ほど、プライマリサーバに指定されていた WS2012-VMM-SVR を指定します。

レプリカサーバの指定

接続パラメータの指定画面で、レプリカサーバは先ほど指定したサーバ、ポート番号が 80 となってるのを確認します。
認証の種類で Kerberos 認証を使用するにチェックを入れる。

接続パラメータの指定

回復の履歴の構成画面で、最新の回復ポイントのみにチェックを入れて次へをクリックします。

回復の履歴の構成

初期レプリケーションの方法の選択画面で、初期レプリケーション方式の箇所にある「 初期コピーをネットワーク経由で送信する 」にチェックを入れて、初期レプリケーションのスケジュールを開始するの箇所で「 すぐにレプリケーションを開始する 」にチェックを入れて次へをクリックします。

初期レプリケーションの方法の選択

リバースレプリケーションが開始されましたコンソールの役割の一覧の下にある仮想マシンの要約で、進捗状況を確認できます。

リバースレプリケーションの進捗状況

リバースレプリケーションが完了しました。レプリケーションのプライマリ、レプリケーションの状態がレプリケーションが有効、レプリケーションの正常性が標準になっており、現在のプライマリサーバが VM-WS2012、現在のレプリカサーバが WS2012-VMM-SVR となっており、リバースレプリケーションを実行する前と逆転していることがわかります。

リバースレプリケーションの完了

これで、フェールオーバー環境下でのレプリケーションの一連の流れの解説が完了しました。

[ 第 01 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリカブローカー構成編
[ 第 02 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションの実行編
[ 第 03 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – レプリケーションと計画フェールオーバー編
[ 第 04 回 ] フェールオーバークラスター環境下での Hyper-V レプリケーション – フェールオーバーとリバースレプリケーション編


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.