ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server 2012 クラスターを構成する。


フェールオーバークラスターに関しては、ファイルサーバ・Hyper-V などのクラスターの構成を解説してきましたが、やはりクラスターで構成する必要が多いケースと言えば必要となるデータベースサーバではないでしょうか。データベースサーバをクラスター構成にして高可用性及び障害耐久性を強化して万一の障害や災害に備えるという点で、フェールオーバークラスター構成の SQL Server は必要性の高いものでしょう。

今回は Windows Server 2012 をインストールしたノード 2 台でフェールオーバークラスターを構成します。SQL Server フェールオーバークラスターを構成しているノードに SQL Server クラスターをインストールしてます。

SQL Server のインストールメディアをからセットアップウィザードを起動させて「 SQL Server フェールオーバークラスターの新規インストール 」を選択します。

クラスターの新規インストール

SQL Server の更新プログラムを適用しながらウィザードを進めていきます。今回は、更新プログラムに Service pack 1 があったのでそれを適用しながらのインストールとなります。

更新プログラムを適用

セットアップサポートルールの画面で、インストールの前提条件のチェックが行われます。
いくつか警告が出ていますが、特に問題はないので、そのまま続行します。

セットアップサポートルール

セットアップロールの画面で「 SQL Server 機能のインストール 」にチェックを入れて次へをクリックします。

SQL Server 機能のインストール

インストールする機能にチェックを入れていきます。今回は全ての機能をインストールするため、全部にチェックを入れます。

インストールする機能の選択

インスタンスの構成の画面で、SQL Server のネットワーク名、名前付きインスタンスの指定をします。

インスタンスの構成

必要なディスク領域の確認。
ディスクの容量は問題ないので、そのまま次へをクリックします。

必要なディスク容量

クラスターリソースグループの画面。
SQL Server クラスターリソースグループの名前を指定します。既存のクラスターリソースグループを選択します。

クラスターリソースグループの選択

クラスターディスクの選択画面で、選択可能なクラスターディスクから SQL Server クラスターリソースグループに含める共有ディスクを指定します。

クラスターディスクの選択

クラスターネットワークの構成で使用するサブネットを指定します。
今回は 192.168.10.0 / 24 を使用します。

クラスターネットワークの選択

サーバの構成とサービスアカウントの指定・パスワードの設定を行います。
任意のユーザを指定し、パスワードを設定します。

サーバの構成とサービスアカウントの指定

データベースエンジンの構成画面で、サーバの構成タブで認証モードの箇所で「 Windows 認証モード 」にチェックを入れます。
SQL Server 管理者の指定で任意のユーザを指定します。今回は、現在のアカウントを指定しました。

データベースエンジンの構成

Analysis Service の構成画面でサーバーモードを「 多次元およびデータマイニングモード 」を選択します。

Analysis の構成

Reporting Service の構成で「 インストールと構成 」にチェックを入れます。

インストールと構成を選択

インストールの準備が完了したようです。
インストールする機能や構成などの再確認を行いましょう。問題がなければインストールボタンをクリックします。

インストールの準備完了

インストールが始まりました。インストールには、結構な時間がかかるため、のんびり待ちましょう。

インストール中

SQL Server クラスターのインストールが完了しました。

インストールの完了

無事にインストールが終わったので、フェールオーバークラスターマネージャーを起動して、記憶域のディスクを確認します。
中央ペインにあるディスク 1 の箇所で、クラスターディスクの状態がオンライン、適用先が SQL Server( CSSQL )となっています。()の名前は指定したインスタンス名になります。

ディスク情報を確認

次に役割をクリックします。インストールされた SQL Server クラスターの情報が詳細に表示されています。
これで、SQL Server フェールオーバークラスターは完了です。

次回は、SQL Server フェールオーバークラスターに新しいノードを追加してみます。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.