ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server クラスターに新しいノードを追加する。


前回、SQL Server 2012 のフェールオーバークラスターを構成しましたが、単一ノードでのクラスター構成だったため、このままですと、可用性が高いとは言えませんので、新しいノードを追加して可用性を高めます。

SQL Server クラスターを構成することで、何れかのノードで障害が発生した場合、正常に稼働しているノードへその役割が自動的にフェールオーバーされます。そのような構成にすることで高可用性のデータベースサーバが実現できます。

まず、ノードとして追加するサーバに SQL Server 2012 のインストールメディアをセットして「 SQL Server フェールオーバークラスターにノードを追加 」をクリックします。

ノードの追加をクリックします

通常通り、セットアップウィザードが起動します。
更新プログラムのチェック画面で、適用可能な更新プログラムがある場合は、ここで適用しておきます。

更新プログラムの適用

セットアップサポートルールのチェックで SQL Server をインストールする前提条件のチェックが行われます。
幾つかの警告が出ていますが、特に問題はありませんので、そのままインストールを実行します。

セットアップサポートルール

クラスターノードの構成画面では SQL Server インスタンス名と、このノードの名前をチェックします。

クラスターノードの構成画面

クラスターネットワークの構成画面では、設定する項目はありませんので、そのまま次へをクリックします。

クラスターネットワークの構成

サービスアカウント設定画面。
任意のアカウントとパスワードを設定しておきます。アカウントは、ローカルアカウントでも Active Directory アカウントのどちらでも構いません。

サービスアカウントの設定

ノードの追加の準備が完了しました。追加する機能の一覧が表示されているので、確認をします。

インストールする機能の確認

ノードの追加が始まりました。結構な時間がかかるため、のんびり待ちましょう。

ノードの追加の進捗状況

ノードの追加が完了しました。

無事にノードの追加が完了しました

ノードの追加が完了したので、フェールオーバークラスターマネージャーから、追加したノードが認識されているかの確認を行います。
この時点で、所有者ノードは SQL-Cluster01 になっているのを確認します。

フェールオーバークラスターマネージャーを起動

クラスター更新対応を行います。クラスターを構成している各ノードに対して、Windows の更新プログラムを適用させます。このクラスター更新対応を利用して、うまくクラスターの機能が正常に動いているかを確認します。

クラスター更新対応

クラスターを構成しているノードの 1 つが更新プログラムを適用するためにオフラインになっています。

ノードの 1 つがオフラインに

片一方のノードでは正常に SQL Server が稼働しています。

他のノードは正常に稼働

クラスター更新対応の適用のため、所有者ノードが SQL-Cluseter02 へ移動しています。
全ての機能で問題がなく稼働しています。

所有者ノードが別のノードへ移動している

同時に、クラスター更新対応の処理も完了しました。

クラスター更新対応の完了

再度、フェールオーバークラスターマネージャーからノードの確認をすると、SQL-Cluseter01 に戻っています。

役割が元のノードに戻っています

このように、クラスター更新対応など、障害ではない場合に、ノードのシャットダウンが必要となる場合でも、自動的にそのノードが持つ役割が自動的に他のノードへフェールオーバーされるため、システムへの影響はほぼありません。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.