ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

スケールアウトファイルサーバの構成 – クラスター構成編


前回はクラスターに新しくノードを追加したところで終わりましたが、今回は、iSCSI のクラスタストレージを作成し、そのストレージを基盤としたスケールアウトファイルサーバの構成をしていきます。

まず、フェールオーバークラスターマネージャーを展開し、役割の構成をクリックします。

役割の構成

高可用性ウィザードが起動したら、役割の選択の画面で、ファイルサーバを選択します。

役割の構成でファイルサーバを選択

ファイルサーバーの種類で、アプリケーションデータ用のスケールアウトファイルサーバにチェックを入れます。

スケールアウトファイルサーバを選択

クライアントアクセスポイントの画面で、クライアントがクラスター化された役割にアクセスする時の名前を指定します。今回は、CSI-Storage と名前を付けます。

クライアントアクセスポイント

確認の画面で「 ファイルサーバの高可用性を構成する準備が整っています。 」と表示されていますので、次へをクリックします。

高可用性を構成する準備が整いました

役割の高可用性が正常に構成出ましたと表示されるので、完了をクリックします。

役割の高可用性が正常に構成されました

高可用性のファイルサーバの準備がと問いましたので、そのファイルサーバで使用するストレージの設定を行います。
iSCSI 仮想ディスクで構成されたストレージを使用しますので、コントロールパネルから、iSCSI イニシエータを起動します。

iSCSI イニシエータの起動

iSCSI イニシエータのプロパティで、ターゲット先の iSCSI サーバの名前を入力し、クイック接続を選択して、iSCSI ストレージへ接続します。

iSCSI ターゲットサーバへ接続する

iSCSI ターゲットサーバへのクイック接続が完了したら、ログインに成功しましたと表示されるので、OK ボタンをクリックします。

iSCSI ターゲットサーバへの接続が完了

接続が完了したら、コンピュータの管理コンソールからディスクの管理を開きます。
すると、未割当の記憶域が認識されていますので、この記憶域をスケールアウトファイルサーバのストレージとして構成します。

未割当の記憶域が表示されている

このままではストレージとして使用できないので、未割当の記憶域のを右クリックしてディスクの初期化を行います。

ディスクの初期化を行います

ディスクの初期化ウインドウでパーティションスタイルを MBR か GPT に設定する必要がありますので、GPT スタイルとして初期化します。

GPT スタイルで初期化する

記憶域の初期化が完了したら、未割当の領域に新規ボリュームを作成する必要がありますので、右クリックしてから「 新しいシンプルボリューム 」を選択します。

新しいボリュームを作成する

新しいシンプルボリュームウィザードが起動するので次へをクリックしてボリュームのサイズを設定します。
今回のサイズは最大ディスク容量である 1013630 MB で設定します。( おおよそ 990 GB )
サイズの設定が終わったら、そのまま次へをクリックして、ドライブ文字を割り当てます。

ボリュームのサイズを設定する

パーティションのフォーマットを行う必要があるので、次の値でフォーマットします。
ファイルシステムが NTFS, アロケーションユニットサイズが規定値, ボリュームラベルがボリューム、クイックフォーマットにチェックを入れて次へをクリックします。

パーティションのフォーマット

新しいシンプルボリュームウィザードを完了します。

ウィザードの終了

フォーマットが完了したら、新しい記憶域として 990 GB のディスクが認識されました。ここで、ディスクがオンラインになっていることを確認しておきます。

正常にディスクを認識している

サーバが iSCSI ストレージを新しいディスクとして認識したので、フェールオーバークラスターマネージャーを起動し、記憶域のディスクを右っクリックしてディスクの追加をクリックします。

ディスクの追加を選択

クラスターへのディスクの追加のウインドウで追加するディスクを選択します。今回は 1 つのディスクのみ表示されていますので、チェックを入れて OK をクリックします。

クラスターへのディスクの追加ウインドウ

無事にディスクが追加出来たら、追加したディスク( 画像ではクラスターディスク 1 となっているもの )の箇所で右クリックして他のアクション → 別の役割への割り当てを選択します。

別の役割への割り当て

役割にリソースを割り当てるの画面で、クラスター化された役割の一覧にある、CSI-Storage( 先ほど名前を付けたクライアントアクセスポイントの名前 )を選択します。

役割にリソースを割り当てる

フェールオーバークラスターマネージャーの記憶域 → ディスクを展開します。クラスター化したディスクの適用先が CSI-Strage になっているのを確認します。

クラスター化されたディスクの役割の適用先

役割の画面で、CSI-Storage を選択して、種類がスケールアウトファイルサーバとなっており、下部ペインの分散サーバ名がクライアントアクセスポイントの名前、記憶域が先ほど設定した iSCSI ストレージが表示され、全ての項目でオンラインとなっていれば完了です。

スケールアウトファイルサーバの構成が完了

以上で、スケールアウトファイルサーバの設定は完了です。
結構、手順が多くややこしい部分もありますが、ポイントを押さえれば、さほど難しくは感じないかと思います。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.