ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

スケールアウトファイルサーバの構成 – サーバ準備編


今回は、Windows Server 2012 環境下でのフェールオーバークラスターを基盤にしたテクノロジです。フェールオーバークラスターでの使用を前提としており、可用性の高いファイルサービスを提供する事で、堅実で信頼性の高いパフォーマンスおよび継続的可用性が実現される技術です。

今回は既に構成されているフェールオーバークラスターに新しいノードを追加し、新しい役割としてスケールアウトファイルサーバを構成します。

既存のフェールオーバークラスターは、SCVMM でサービスとして展開している仮想マシンで構成しているので、サービスのスケールアウトを行い、あフェールオーバークラスターにあとで追加するためのサーバを展開します。

SCVMM からサービスのスケールアウトを実行する

スケールアウト層ウィザードが起動します。そので、層の箇所で「 Windows Server 2012 Datacenter 」を選択して次へをクリックします。

スケールアウト層ウィザード

仮想マシン名を入力します。ここでは、Storage-SV03 と入力します。

仮想マシン名を入力

配置先のホストを選択します。選択するホストを選択して次へをクリックします。

配置先ホストの選択

設定の構成の画面で、仮想マシン名、ネットワークアダプタの設定、VHD の保存先を設定します。

設定の構成

設定の確認画面で、内容に間違いがないか確認後、スケールアウトボタンをクリックします。

スケールアウトを実行する

ジョブの完了画面でログの確認を行います。

ジョブの完了画面

サービスの画面から、スケールアウトした仮想マシンのステータスを確認します。

無事にスケールアウトが完了しました

次に、フェールオーバークラスターを構成している任意のサーバへ移動して、新規のノードを追加します。

フェールオーバークラスターからノードの追加を選択する

ノードの追加ウィザードが起動しますので、サーバ名を入力すると、検証が始まりますので、完了後、次へをクリックします。

ノードの追加ウィザードが起動しますので、サーバ名を入力

構成の検証ウィザードが起動しますので「 全てのテストを実行する 」にチェックを入れ、次へをクリックします。

「 全てのテストを実行する 」にチェックを入れる

記憶域の状態確認の画面で、使用可能な記憶域が表示されますので、使用する記憶域にチェックを入れて次へをクリックします。

記憶域の選択

構成の検証ウィザードの確認画面で、テストするサーバの一覧と、実施するテストの一覧が表示されます。

実施するサーバの一覧

構成の検証ウィザードで、クラスターに適しているかのテストを実施しています。テストはまだ完了していませんが、テストに合格しました。

クラスターのテストに合格

フェールオーバークラスターの検証レポートが表示されますので、念のため、確認しておきます。

フェールオーバークラスターの検証レポート

続いて、ノードの追加ウィザードが起動します。追加されるノードに間違いがないか確認します。
「 使用可能な記憶域を全てクラスターに追加する 」にチェックを入れます。

ノードの追加ウィザード

ノードの追加が完了しました。レポートの表示をクリックすることで、結果のレポートを参照できます。完了ボタンをクリックするとウィザードが閉じられます。

クラスターノードの追加が完了

フェールオーバークラスターマネージャーのコンソールから、ノードを展開して、追加されたノードの名前を確認します。
また、追加したノードを右クリックして、ハードウェアの要約を参照します。追加したノードの詳細を見ることが出来ます。

ノードの詳細設定あ


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.