ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

クラスター環境での仮想マシン記憶域の移動


SCVMM で仮想環境を一元管理している場合、Hyper-V や クラスターから設定などを行うと、データの不整合が発生する恐れがるため、このやり方はお勧めできませんが、SCVMM 環境を構築していない方もおられると思います。クラスター環境下で記憶域の移動を行う場合、専用の機能があるんため、その機能を使うと、簡単に移動が可能です。

クラスター環境下にある仮想マシンの記憶域( 要するに VHD )を移動するには、移動させる仮想マシンを右クリックをして、移動 → 仮想マシン記憶域を選択します。

仮想マシンの記憶域を移動する

仮想マシンの記憶気を移動するというウインドウが開くので、仮想マシンの名前を選択して展開します。
展開したら、表示されている VHD が表示されていますので、それを下部右ペインへドラッグさせます。

仮想マシンの記憶域を移動する機能

すると、移動が始まりました。VHD の容量にもよりますが、移動にはそれなりの時間がかかります。

移動中

移動が完了しました。移動元フォルダのパスが C:\Hyper-V\VHD から C:\Cluster-Storage\Volume2\RDS-Storage\VHD へと変わっています。

移動が完了しました

仮想マシンを選択して中央ペイン下部のプロパティ画面で、記憶域がクラスターディスク 2 と表示され、移動した記憶域をきちんと認識しています。

記憶域を認識している


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.