ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows 8 でエラー 0xC004FC03 が表示され、ライセンス認証に失敗する場合の対処法。


Windows 8 のインストールが終わってライセンス認証をしようと思ったら、ライセンス認証に失敗する場合があります。
例えば、エラーコード 0xC004FC03 が、私の場合発生しました。

これは、ファイアウォールの設定が原因と Microsoft のサイトでは説明されていますが、私の様に、何度かインストールとアンインストールを繰り返しているとネットでの自動認証が出来なくなる場合があります。
その場合、電話の自動認証で解決する場合もありますが、電話だけでは解決しない場合もあります。
解決策として、ファイル名を指定して実行から、SLUI 04 と入力して OK をクリックして、電話認証用のウインドウを起動させます。

SLUI 04 を実行

電話認証用のウインドウが起動するので、プルダウンメニューから日本を選択して、次へをクリックします。

日本を選択

電話認証用のウインドウが表示され、9 項目ごとに分かれた 6 or 7 桁のインストール ID が表示されていますので、上部に表示されている、無料電話番号へ電話をかけてガイダンス通りにインストール ID を入力します。
これで認証が通ればいいのですが、稀に認証が通らずエラーになることがあるので、その場合は、オペレータに繋ぎ、インストール ID を伝えます。オペレータが、そのインストール ID を確認して、A ~ H の 6 ケタの確認 ID を教えてくれるので、その通りに入力すると「 ライセンス認証 」ボタンをクリックできるようになります。

電話認証用のウインドウ

「 ライセンス認証 」ボタンをクリックすると、以下の様な画面が表示され、ライセンス認証が完了します。

ライセンス認証の手続きが完了

システムのプロパティでライセンス認証の部分を確認します。
ちゃんとライセンス認証が完了しています。

システムのプロパティから確認


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.