ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

フェールオーバークラスター構成の SQL Server で AlwaysOn 可用性グループを作成する。


可用性グループを作成すると、フェールオーバーをする一連のユーザデータベースを単一ユニットとして定義する事で、クラスターを構成するノードに障害が発生した場合でも、自動的に正常なノードへフェールオーバーすることでデータベースサーバの可用性を高める事ができます。
可用性グループを作成するには、同じインスタンスの SQL Server を 1 台以上用意する必要があります。

今回は既に構成しているフェールオーバークラスターの SQL Server に新しいレプリカサーバ用の SQL Server を新しいノードとして追加します。

ノードの追加

ノードとして追加するサーバを選択します。

サーバの選択

ノードをクラスターに追加する準備が整ったので、次へをクリックします。

追加する準備が整った

クラスターにノードを追加中です。しばらく待ちましょう。

クラスターの構成中

クラスターにノードが追加されました。完了ボタンを押してウィザードを終了します。

ノードの追加の完了

ノードの使い化が完了したら、フェールオーバークラスターマネージャーから、確認します。

フェールオーバークラスターマネージャーからノードの確認

次に、AlwaysOn 可用性グループを有効にする必要があるので、スタート画面から SQL Server 構成マネージャーを開きます。

SQL Server 構成マネージャーを起動させる

構成マネージャーが開いたら、SQL Server のサービス( インスタンス名 )を右クリックして、プロパティを選択します。

プロパティを選択

SQL Server のプロパティが開いたら、AlwaysOn 高可用性タブをクリックして、AlwaysON 可用性グループを有効にするにチェックを入れて、適用をクリックします。

AlwaysON 可用性グループを有効にする

チェックを入れて構成マネージャーの画面にもどって、SQL Server のサービスを再起動させます。

SQL Server サービスの再起動

再起動が完了したらサービスが正常に動いているかを確認します。状態の箇所が実行中となっていれば問題ありません。

サービスの状態を確認

次は、SQL Server Management Studio を起動して、SQL Server へログオンします。

SQL Server へログオンする

データベースにログオン出来たら、AlwaysON 高可用性の所で右クリックして、新しい可用性グループウィザードを選択します。

可用性グループウィザードを起動させる

新しい可用性グループのウィザードが起動するので、解説を読んでから、次へをクリックします。

ウィザードが起動した

可用性グループの名前を指定します。任意の名前を入力します。

可用性グループの名前を指定

SQL Server 上のインスタンス上のデータベースにチェックを入れます。※事前にバックアップを取っておく必要があります。

データベースの選択

レプリカサーバとなる SQL Server を実行しているノードを選択します。

レプリカサーバを追加

ここでは、先ほど、クラスターに追加したノードを選択します。( 同じインスタンス名であることが条件となります。)

レプリカサーバとなる SQL Server を選択します

レプリカサーバに指定したデータベースサーバへログオンします。

レプリカサーバへログオンする

レプリカサーバを追加出来たら、自動フェールオーバー・同期コミットにチェックが入っていることを確認します。

レプリカサーバの追加が完了。自動フェールオーバー・同期コミットにチェックが入っていることを確認

最初のデータの同期の選択画面で、今回は結合のみにチェックを入れます。

結合のみにチェックを入れる

検証の処理が自動的に開始されます。処理が完了したら、次へをクリックします。
ほとんどの項目はスキップされています。

検証のプロセス

概要が表示されます。
以下に表示されている構成でグループを作成するので、問題がなければ完了ボタンをクリックします。

概要画面。問題がなければ完了をクリック

可用性グループの作成プロセスが走っています。

作成プロセスが走っています

終了したら、ウィザードを閉じて、SQL Server Management Studio の画面へ戻り、可用性グループのツリーを展開します。
以下の画像の様に、可用性レプリカの箇所で 2 つのデータベースサーバが表示されています。この 2 台で高可用性ウィザードが構成されています。

セカンダリサーバとプライマリサーバが表示されている

ここで、セカンダリレプリカサーバへ接続してみます。セカンダリレプリカサーバを選択し、右クリックから接続を選択します。

セカンダリレプリカサーバへ接続

サーバへのログオン画面が表示されるので、接続をクリックしてログオンします。

セカンダリレプリカサーバへログオンする

ログオンが完了したら、SQL Server Managemenrt Studio にセカンダリレプリカサーバが展開されました。
これで、AlwaysOn 可用性グループの作成が完了しました。

セカンダリレプリカサーバが展開展される


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.