ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCOM – 通知チャネルを設定する。


通知チャネルとは、System Center 2012 Operation Manager で監視しているシステム・アプリケーションに、何か異変や障害が発生した場合に管理者へ通知する機能の事です。

この間、SCOM をインストールしたまま、放置していたので、ぼちぼち、SCOM についての検証を行っていきます。今回は、通知チャネルの設定という事で、障害などが発生した場合に、メールで通知するように設定しを行います。

通知チャネルを設定するには、SCOM 管理コンソールの初期画面から、通知チャネルを有効にするを選択します。
SMTP を使用して、メールで通知するのか、IM( インスタントメッセージ )、SMS( テキストメッセージ )、コマンドで通知するのかを選択します。今回はメールで通知を受け取る方法を選択しました。

通知チャネルの設定

電子メールでの通知チャネルのウィザードが起動するので、指示通り進めます。
まず、チャネル名と説明( オプション )を入力します。

電子メールの通知チャネルのウィザード

SMTP サーバの設定の画面が出ますので、SMTP の設定を行います。サーバ名( FQDN )、ポート番号、認証方法を匿名とします。

SMTP サーバの設定

SMTP サーバの設定と送信先のメールアドレスを指定し、自動的に再試行するばあいの間隔を分間隔で指定します。

メールアドレスの指定

メールによる、通知の形式を設定しますが、ここ、なんのこっちゃ意味わかりませんね。
まぁ画面の形式から察するに、テンプレートの変数などを記述してカスタマイズできるんでしょうけど、今の私には無理っぽいので、そのままデフォルトで設定します。とりあえず、件名もメッセージの形式もデフォルトのままで問題ありません。

通知の形式

通知チャネルの保存をしています。

チャネルの保存中

通知チャネルの保存が完了しました。

チャネルの保存

これで、通知チャネルの設定が完了しました。
次回は、SCOM のエージェントを使用して、ドメイン内にある物理マシン・仮想マシンを検出する方法を解説します。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.