ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCOM – エージェントで監視するサーバを検出する。


System Center Operations Manager は展開しているシステム( Windows / Linux など )のサービス、デバイス、運用状況を 1 つのコンソールで監視できる、統合運用監視ツールですが、その監視対象となるシステム( サーバ / クライアント )を検出する必要があります。

監視するシステムを検出するには、SCOM の管理メニューから、エージェントで管理を選択して検出ウィザードを使用します。

検出ウィザード

検出する管理するコンピュータ・デバイスを選択する方法を、ネットワークデバイス・Windows コンピュータ・UNIX / Linux コンピュータの中から Windows コンピュータを選択します。

Windows コンピュータを検出する

検出を自動で行言うか、詳細な検出方法を使用して検出するかを選択しますが、今回は、自動でコンピュータの自動検出を選択して、次へをクリックします。

検出方法を選択します

検出時に使用する、管理者アカウントを指定します。
ここで、任意の管理者アカウントを指定するか、現在のセッションで使用しているアカウントを使用するかを選択します。
今回は「 選択した管理サーバのアクションアカウントを選択します 」にチェックを入れます。

管理者アカウントの指定

検出の進行状況の画面。
検出は現在進行中です。とのメッセージが表示され、サーバの検出を行っています。ネットワークの規模によっては、大変時間が掛かります。

検出中

管理対象オブジェクトの選択画面。
検出機能によって、検出されたサーバ・デバイスを選択します。検出されるデバイス名は FQDN 名で検出されます。今回は検出された全てのサーバを監視対象としますので、「 全てを選択 」のボタンをクリックします。
また、管理サーバが SCOM のサーバであるとこ、管理モードが「 エージェント 」となっている事を確認します。

検出されたサーバ一覧

概要の画面。
インストールされるエージェントの数、エージェントがインストールされるディレクトリの確認、エージェントアクションアカウントで、ローカルアカウントを指定して、完了ボタンをクリックします。

概要の画面

これで、エージェントで監視するサーバを検出する作業は完了です。
次回は、Windows 7 や Windows 8 などのクライアントを検出してエージェントをインストールする作業の解説を行います。

完了ボタンを押すと、管理コンソールへ画面が切り替わります。
すると、検出され、監視対象のサーバの一覧が表示され、エージェントがインストール中です。
ちなみに、「 健全 」 と表示されているのが、エージェントが完了したサーバで、「 監視しない 」となっているのが、エージェントがインストールされていないサーバになります。

サーバの一覧

しばらくすると、検出されたサーバの一覧が「 健全 」となります。これで、検出されたサーバの全てにエージェントがインストールされたのがわかります。

エージェントがインストールされた


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.