ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCOM – エージェントで クライアント PC を検出する – 成功編


前回の記事では、System Center 2012 Operations Manager で監視するクライアント PC を検出するプロセスで失敗という形で終わりましたが、失敗した原因は、前回の記事で述べた通り、RPC のポートが開放されていなかった為、クライアント PC にエージェントをインストールする事が出来ず失敗しました。

そこで、監視対象の各クライアント PC へログオンし、Windows ファイアウォールから WMI ( Windows Management Instrumentation )のポートを開放してやる必要があります。
Windows ファイアウォールを起動したら、受信にある、Windows Management Instrumentation( WMI 受信 )を選択します。ここで、ドメインの項目の方を選択します。

Windows Management Instrumentation (WMI 受信)

ダブルクリックしてプロパティを開き、全般タブを選択して、受信規則を「 有効 」にチェックを入れます。

受信規則を有効にチェックを入れる

SCOM のコンソールへ戻り、管理メニューから、エージェントで管理を右クリック → 検出ウィザードを選択します。

検出ウィザードを起動する

コンピュータとデバイスの管理ウィザードが起動するので、Windows コンピュータを選択します。

Windows コンピュータを選択

検出方法で、詳細な検出を選択します。
コンピュータとデバイスのクラスの箇所で、プルダウンメニューから「 クライアントのみ 」を選択し、管理サーバが SCOM のサーバが選択されているのを確認する。

検出の方法

検出方法の画面で、「 コンピュータ名を参照または入力する 」にチェックを入れて参照ボタンをクリックします。
コンピュータの選択画面が表示されるので、Active Directory に所属するクライアント PC を選択します。

コンピュータを選択する

選択したら、ウィザード画面へ戻ります。
先ほど、選択したクライアント PC の一覧が表示されています。

ウィザード画面

管理者アカウントの指定画面で、「 選択した管理サーバのアクションアカウントを使用する 」にチェックを入れて、検出ボタンをクリック。

管理者アカウントを指定

検出の進行状況が確認できます。
ネットワークの規模や状態によっては検出に時間がかかりますが、今回のケースではさほど時間がかかりませんでした。

検出中

検出結果に表示されたクライアント全てにチェックを入れます。
管理サーバが、SCOM を実行してるサーバ、管理モードが「 エージェント 」になっているのを確認。

クライアント PC の検出

エージェントをインストールするディレクトリを指定しますが、クライアント側のローカルパスを指定しますが、デフォオルトのままで問題ありません。
また、エージェントの資格情報を指定する。ここでは、ローカルシステムを選択します。

エージェントをインストールするディレクトリを指定

エージェントの管理タスクの状態。各クライアントへエージェントがインストールされています。

エージェントをインストール

無事にエージェントのインストールが完了しました。

エージェントのインストールが完了

SCOM の管理メニューの中央ペインに検出したクライアントがあるのを確認したら OK です。

クライアント PC が表示されている

これで、クライアント PC の検出が完了しました。


, , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.