ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCOM で Windows サービスを監視する。


社内システムとして稼働している多数のサーバやクライアントが正しく稼働し、クライアントやサーバに異常がないか監視する事は、システム運用上、欠かす事の出来ない業務の一つです。しかし、データセンターなどの大規模なネットワーク環境でなくても、多数のサーバやクライアントの監視というのは非常に手間のかかるものです。

System Center Operations Manager を使えば Active Directroy 内のサーバやクライアントのサービスが正しく稼働しているかを監視する事が比較的楽に行えます。例えばシステムにエラーが発生した場合、管理者へメールで通知したり、監視モニタでエラーが発生していることを知ることができます。

今回は、SCOM を使って Windows のサービスが正しく稼働ているのかを監視するための設定の方法を解説します。
まず、SCOM のコンソールから、作成メニューを選択し、管理パックテンプレートの中から、Windows サービスを右クリックして「 監視の追加ウィザード 」を選択します。

監視の追加ウィザード

監視の種類の選択の画面で、Windows サービスを選択します。

Windows サービスを選択

フレンドリ名と説明文を入力する画面では、この監視サービスの名前を付け、目的の管理パックの選択から管理パックを選択します。
今回は、System Center 2012 Virtual Machine Manager Diagram View を選択します。

目的の管理パックを選択

サービスの詳細およびターゲットグループの指定の画面で、サービス名を右端にあるボタンを押して選択します。

サービス名を選択

Windows サービスの選択ウインドウが起動するので、監視対象のコンピュータを指定します。指定するには、右端にあるボタンをクリックします。

Windows サービスの選択

コンピュータの選択画面が表示されますので、場所がディレクトリ全体になっているのを確認後、検索をクリックします。
検索をクリック数すると、Active Directory 内のコンピュータオブジェクトの一覧が表示されますので、目的のコンピュータを選択します。

コンピュータの選択

再度、Windows サービスの選択ウインドウが表示されますので、コンピュータ名の部分選択したコンピュータ名に間違いがないか確認後、サービスの選択から監視するサービスを一覧の中から選択します。

サービスを選択する

次に、グループの検索画面が表示されます。ここで、使用可能なグループの一覧が表示されますので、全てのホストを選択します。

全てのホストを選択

再度、サービスの詳細画面へ戻るので、サービス名と対象グループに間違いがないか確認します。

サービスの詳細

パフォーマンスデータコレクションの設定画面で、CPU / メモリの規定のしきい値を設定し、その値を超えるとアラートを生成するように設定します。
CPU は 40 % を超えた場合に、メモリは 6144 MB を超えた場合にアラートを生成します。

パフォーマンスの設定

最後に概要画面が表示されるので、作成した内容に間違いがなければ、作成ボタンをクリックして完了です。

概要画面の表示

今回は SCVMM のサービスのみの監視の設定を行いましたが、Windows では様々なサービスが稼働しているため、そのサービスに応じて監視の追加をする事をお勧めします。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.