ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

クラスター環境で役割のドレインと役割のフェールバックを行う方法


役割のドレインとフェールバック

Windows Server 2012 でのフェールオーバークラスター環境下において、役割のドレインを行う方法と役割のフェールバックを行う方法について解説します。

まず、役割のドレインとは何かを説明します。。ドレインとはクラスターを構成している他のノードに一時的に、クラスター化された役割をノード間で移動させ、少ないダウンタイムで、役割を実行するノードを変更する際に使用します。

役割のドレイン

役割のドレインを行うには、以下の方法で実行します。
クラスター化された役割を実行するノードを選択( 画像では STORAGE-SV01 )し、右クリックから、一時停止 → 役割のドレインを選択します。

役割のドレインを選択

役割のドレインが開始されると、状態の所が [ 保留中 ] となっています。
まさに、クラスター化された役割が、他のノード( 画像では STORAGE-SV02 )へ自動的に移動処理を行っている最中となります。

ドレインの実行中

役割のドレインが完了すると、移動先のノード( STORAGE-SV02 )でクラスター化された役割が実行されています。

役割のドレインが完了

役割のフェールバック

役割のドレインを行い、別ノード( STORAGE-SV02 )へクラスター化された役割を移動させました。
今度は、その、ドレイン行い移動させた、クラスター化された役割を元のノードへ戻す作業を行います。( 役割のフェールバック )

フェールバックさせるには、移動先のノード( STORAGE-SV02 )を選択した状態で、再開 → 役割のフェールバックを選択します。

役割のフェールバック

元に戻す先のノードを確認すると、状態が [ 保留中 ] となっています。
この状態が、フェールバックを行っている最中です。

役割のフェールバックを実行中

役割の詳細画面に、サーバ名の状態が、オンライン待ち、ファイルサーバ( クラスター化された役割 )がオフライン・記憶域( クラスターディスク )がオンラインになっており、フェールバック処理がまだ完了していないことを示しています。

フェールバックの処理中

以下の画像は、役割のフェールバックが、完了し、元のノード( STORAGE-SV01 )でクラスター化された役割が実行されている様子です。

フェールバックが完了


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.