ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Buffer を使って 過去記事を自動で Twitter や Facebook へ投稿する方法


前回の記事で Twitter へ投稿する際に Buffer を使用していることについて、多少触れましたが、今回は便利な Buffer の詳しい使い方を紹介したいと思います。

時間の予約

Buffer の概要

Buffer を使用すると、Twitter に画像を添付して投稿出来るのと、指定した時間に、自動的に Twitter や Facebook へ自動的に投稿が出来るサービスです。
また、Twitter から投稿した記事へのアクセス数や、リツイートされた数、お気に入りに入れられた数などを見る事ができるなど、解析機能も付いているため大変、重宝します。

また Facebook へ投稿した記事に「 いいね! 」が押された回数やコメントの数などを確認する事が出来ます。

Buffer への登録

Buffer への登録方法ですが、Twitter か Facebook などのアカウントを入力してサインアップします。

Buffer の画面

Twitter や Facebook へのアクセス許可の確認画面が出ますので、許可します。

サインアップをした画面が以下の様な画面。以下の画像の様に、何曜日の何時にどの記事を、どこのソーシャルメディアへ投稿するかを設定できます。

Buffer の投稿記事一覧

予約投稿と時間帯

以下の画像は、全ての曜日の決まった時間に Twitter の 2 アカウントとFacebook へのタイムライへの投稿と Facebook ページへの投稿を行う時間を設定します。以下の様に、詳細な時間を指定して、投稿する事ができます。
運営しているブログのアクセスがピークを迎える時間帯に向けて、過去記事などを投稿しています。

時間と曜日の指定

Buffer を画像を投稿

投稿したい記事のページで、右クリックして Buffer This Page をクリックします。※ Buffer の Chrome アドオンを使用。

記事の投稿

記事に添付する画像を選択します。Buffer のエリアへ画像をドラッグします。

画像の投稿

Buffer の投稿エリアの使い方

投稿したいページで Buffer This Page をクリックすると、以下の画面が現れます。
画像の様に、画像が添付され、投稿する Twitter と Facebook などのアカウントを選択します。
そして Share Now か Buffer ボタンをクリックします。
Share Now が今すぐに投稿するボタンで、Buffer は時間指定での投稿となります。

Buffer の投稿画面

今回は Buffer をクリックします。
すると、スケジュールの一覧に、投稿する記事が表示され、指定した時間になると自動的に投稿されます。

投稿予約の一覧

この機能をうまく使えば、過去記事を定期的にソーシャルメディアへ流すことができ、過去記事の存在を再度、ユーザへアピールする事ができ、Twitter のフォロワーなどにリツイートされる可能性もあります。

私は Buffer を使用し、ブログのピークの時間帯の少し前に何本かの過去記事を投稿するようにしています。
こうする事で、少しでも、ソーシャルメディアからのアクセスを増やすことが出来ます。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.