ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM での Hyper-V レプリカは Windows Azure で追加される模様


毎月の月例アップデートがやってきました。これにより、管理しているマスタ VHD 数個を Windows Update で最新の状態にする作業が発生します。これがまた面倒で、出来る事ならあんまりやりたくはないんですが、マスタ VHD は常に最新の状態であることが前提条件ですので、やらざるを得ないわけです。面倒だな~。

ところで、以前に、SCVMM では Hyper-V レプリケーションがサポートされていない?という記事を書きましたが、予想通り、通常での利用ではサポートされないようです。

そもそも、Hyper-V レプリケーションというのは Windows Server 2012 の Hyper-V で実装された昨日で、仮想サーバそのもののレプリカを遠隔地のデータセンターに作成し、災害時などの非常時でも本社のサーバがダウンしても、レプリカのサーバに役割をフェールオーバーさせる機能の事をいいます。

Hyper-V レプリカ

Windows Server 2012 で構成したフェールオーバークラスター上の Hyper-V クラスターからはレプリケーションを実行する事は可能だったのですが、SCVMM ではその機能がありませんでした。

というのも、どうも SCVMM でのレプリケーションは Windows Azure との組み合わせで実現するのだそう。

参考記事:VMM で Hyper-V レプリカ – 山市良のえぬなんとかわーるど

上記記事によりますと、Hyper-V レプリカの機能は、Windows Azure に追加予定の Windows Azure Hyper-V Recovery Manager によって、Virtual Machine Manager で管理されるプライベート クラウドに追加されることになりそうです。( 引用元:VMM で Hyper-V レプリカ – 山市良のえぬなんとかわーるど

ということなので、SCVMM での Hyper-V レプリケーションは Windows Azure に追加される Windows Azure Hyper-V Recovery Manager によって SCVMM のコンソールに追加される模様。

なんだか、これは残念だ。Windows Azure の環境を手に入れるのには、ちょっと辛いな~。
個人的には SCVMM だけで実行できるように設計してほしかったけど、SCVMM 自体がプライベートクラウド構築の管理運用のツールなので、Windows Azure ってのも理解はできますね。

でもホント、残念だわ・・・。


, , , , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.