ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

Windows 8 のスタート画面を強制的にスキップしてデスクトップ表示させる方法


従来からの Windows ユーザのほとんどは、新しい Windows 8 のスタート画面について、あまり良い印象を持っていないと思います。起動させてすぐにデスクトップが表示されないのは結構なストレスです。

Windows 8 のスタート画面

そこで、スタート画面を強制的にスキップしてデスクトップ画面を表示させる方法を紹介します。

デスクトップ

スタートアップに[ デスクトップの表示 ]を登録する方法

デスクトップをすぐに表示させるために[ デスクトップの表示 ]というショートカットを作成する必要があります。
以下のスクリプトをテキストエディタにコピーして [ デスクトップの表示.scf ] と名前を付けて保存します。

[Shell]
Command=2
IconFile=explorer.exe,3
[Taskbar]
Command=ToggleDesktop

デスクトップの表示

保存すると、拡張子が表示されなくなり [ デスクトップ表示 ] アイコンが表示されるので、これをスタートアップフォルダへコピーして、Windows 8 のスタートアップとして登録させます。
現在して使用しているユーザのみに適用する場合は、以下のフォルダへコピーします。

%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

また、ファイル名を指定して実行から shell:stratup と入力して OK をクリックしても上記のフォルダが開きます。

現在のユーザだけに適用

PC を利用する全てのユーザに適用するには、以下のフォルダへコピーします。

%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

全てのユーザに適用



Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.