ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

ブートメニューブートメニューポリシー変更し、セーフモードで起動しやすくする方法


Windows 8.1 が正式に発表され、スタートボタンが事実上、復活すると発表されてから個人的に Windows 8.1 のリリースが楽しみです。しかし、Service Pack の名称ではなく、敢えて 8.1 にしたのには何か意味があるのか。

Windows 8.1 スタートボタン

8.1 に決定した理由は、ネットのニュースでいろいろ考察されているので、ここでは触れませんが、Windows 8 のカーネルが 6.2( ビルド 9200 )で Windows 8.1 のカーネルは 6.3 となるらしいので、そこらあたりが、Service Pack と名乗らない理由なのでは?とも言われているが本当の所はわかりませんね。

で、本題に入ります。Windows 8 では OS の起動が非常に速くなり、快適な起動環境を提供していますが、ひとつだけ、問題があります。
それは、起動が早すぎで、POST 画面が、速攻で終了し、セーフモードを起動させるキーである F 8 を押すタイミングが非常に難しいといった点です。

Windows 8

通常使用している分には、全く問題ありませんが、システムに何か不都合があった場合( ドライバの不具合など )セーフモードで立ち上げる必要が出てくるケースがありますが、この速さではセーフモードを起動するのが困難という何とも矛盾した仕様となっています。

ここで、ブートメニューポリシーを変更して以前、ブートメニューを有効にする方法を紹介したので、そいつを利用します。詳細はリンク先を参照して下さい。

まず、管理者権限でコマンドプロントを起動し、以下のコマンドを実行します。

bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

管理者権限でコマンドプロントを起動

コマンドが終了したら、一旦、システムを再起動します。

再起動を選択

システムの再起動中に、POST 画面中に、F 8 キーを押すと、以下の様な、見慣れてたブートメニューが起動する。

ブートメニュー

詳細オプションを表示するには F 8 キーを押すと、ブートメニューの詳細オプションが表示されます。

ブートメニューの詳細オプション


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.