ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM での SQL Server プロファイルの作成


System Center 2012 Virtual Machine Manager で SQL Server を展開する場合、展開する仮想マシンへインストールする SQL Server の構成を設定したプロファイルを展開するインスタンスごとに作成しておくことで、SQL Server を構成する仮想マシンを手早く展開する事が可能です。

SQL Server プロファイルの作成

プロファイルを事前に構成する事で、面倒な SQL Server の構成をテンプレート化する事が可能なので、インスタンスごとのプロファイルを構成しておくと、展開時に便利です。

プロファイルを作成するには、SCVMM のコンソール画面からライブラリのメニューから SQL Server プロファイルの作成を選択します。

 SQL Server プロファイルの作成を選択

プロファイルの作成画面が開いたら、まずは、プロファイルの名前を入力します。名前には、インスタンスごとにわかり易い名前を付けておくといいかも知れません。( ※ 画像では指定していません )

プロファイルの名前を入力します。

SQL Server の構成の画面で、SQL Server の展開をクリックし、SQL Server の設定内容を構成する画面を表示させます。

SQL Server の展開をクリック

SQL Server の構成画面が表示されたら、設定を行います。
ここでは、名前を [ SQL 展開 ]、インスタンス名・インスタンス ID を [ SQLDB ] に設定した後、インストール時の実行アカウントを指定する必要があるので、参照ボタンをクリックします。

インストール時の実行アカウントを指定する必要があるので、参照ボタンをクリック

実行アカウントの選択画面で、既存のアカウントを使用するにチェックを入れて、SCVMM で作成した任意のユーザを指定します。

既存のアカウントを使用するにチェック

次に、SQL Server の構成画面で、メディアソースのパスを指定します。
ここでいう、メディアソースのパスというのは、インスタンスイメージの準備時に、SQL Server のメディアをローカルにコピーしたパスを指定します。

つまり、仮想マシンが展開され、SQL Server の展開を開始する時に、SCVMM が参照するパスの事をいいます。
今回は、C:\Install_SQL と指定します。
次に、システム管理者( SA )パスワード実行アカウントの実行アカウントをしてするので、参照ボタンをクリックします。

SQL Server の構成画面で、メディアソースのパスを指定

実行アカウントの参照で、任意のアカウントを選択します。

既存のアカウントを使用するにチェック

サービスアカウントの指定の画面で、任意のアカウントを指定したら、SQL Server のプロファイルの作成は完了です。

作成したプロファイルは、ライブラリの SQL Server プロファイルの所で参照できます。

作成したプロファイルは、ライブラリの SQL Server プロファイルの所で参照できます。

作成したプロファイルは、ライブラリの SQL Server プロファイルの所で参照できます。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.