ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SCVMM で SQL Server の展開をする方法


前回まで System Center 2012 Virtual Machine Manager で SQL Server を展開するのに必要な準備などについて解説していきましたが、今回は、いよいよ本題である、SCVMM での SQL Server の自動展開の方法について解説します。

SCVMM で SQL Server を展開するための準備

解説と言っても、今まで準備した事を組み立てていくだけなので、前回までの記事を読んでいただければ、さほど難しくはないかと思いますが、いきなり、この記事を検索などから直接見に来た方には少々難しいかも知れませんので、一応、準備段階の記事一覧を以下に纏めておきます。
いや、俺、全然わかってるし。って方は無視していただいて問題ありません。

それでは、早速 SCVMM で SQL Server を自動展開する手順について解説します。

SQL Server の展開

サービステンプレートの作成

まず、SCVMM で展開するためには、サービスとして展開を行う必要があるので、ライブラリのメニューからサービステンプレートの作成を行います。

サービステンプレートの作成

新しいサービステンプレートのウインドウが開きますので、サービステンプレートの名前とパターンを選択します。今回は SQL Server のみの展開ですので単一マシンを選択します。

で単一マシンを選択

サービステンプレートデザイナーが開いたら、左ペインにある VM テンプレートから SQL Server の展開で使用する VM テンプレートを選択して、マシン層までドラッグします。今回は、Windows Server 2012 の SQL Server 展開用の VM テンプレートを使用します。

左ペインにある VM テンプレートから SQL Server の展開で使用する VM テンプレートを選択

M テンプレートをドラッグしたら、マシン層が以下の様に表示されます。VM テンプレート自体に、SQL Server のプロファイルを適用させているため、マシン層にプロファイル作成時に指定した名前である SQL 展開( サービスの名前 )が表示されている。

VM テンプレートをドラッグしたら、マシン層が以下の様に表示されます。

マシン層のプロパティ設定

マシン層の詳細設定を行うの必要があるため、プロパティを開きます。

マシン層の詳細設定を行うの必要があるため、プロパティを開きます。

OS の構成画面では、事前に作成しているプロファイルを適用しています。ここでは、ドメインへの参加の設定と、スクリプトの欄に、システムロケールを日本に設定するための応答ファイルが設定されているか確認を行います。

事前に作成しているプロファイルを適用

SQL Server の展開設定画面で、前回に作成したプロファイルを適用するのが手っ取り早いのですが、敢えて空白の状態からの設定を解説します。

まず、この SQL Server 展開の名前を付けます。その後に、インスタンス名とインスタンス ID を設定します。ここで指定するインスタンス名・ID はマスタ VHD に含まれる SQL Server のインスタンスイメージの準備で設定したインスタンスの名前と ID と合致させる必要があります。

また、仮想マシンに SQL Server をインストールする時に使用する、仮想マシンの実行アカウントを指定します。

インスタンス名とインスタンス ID を設定します。

次の構成画面で、インストールメディアのソースのパスを指定します。これは、マスタ VHD を作成する際にコピーした SQL Server のインストールメディアの中身が保存されている場所の指定をします。

SQL Server 管理者に、任意のアカウントを指定します。また、システム管理者( SA )アカウントの設定も行います。
リモート接続に TCP / IP を使用すルにチェックを入れます。

リモート接続に TCP / IP を使用するにチェックを入れます

サービスアカウントの設定画面でも任意のアカウントを指定します。

サービスアカウントの設定画面でも任意のアカウントを指定します。

サービスの展開準備と配置先ホストの選択

サービステンプレートで、マシン層のプロパティの設定が終わったら、サービステンプレートの上部リボンにある、展開の構成をクリックします。

すると、以下の名前と場所の選択ダイアログが表示されるので、それぞれの設定を行います。

、以下の名前と場所の選択ダイアログが表示されるので、それぞれの設定を行います

サービスの展開の設定画面が表示されるので、一番下にある、ホストの選択の箇所で、展開する仮想マシンを配置するホストの選択を行いますので、選択ボタンをクリックします。

展開する仮想マシンを配置するホストの選択を行います

ホストの選択画面が表示されるので、任意のホストを選択します。サーバの状態が ☆ 印の数で評価されていますので、それを参考にホストを選択します。

 ☆ 印の数で評価されていますので、それを参考にホストを選択

ホストの選択が終わったら、サービスの展開画面へ戻ります。
画面右下にある「 すべてのプロパティの表示 」をクリックして、展開する仮想マシンのプロパティを設定します。

「 すべてのプロパティの表示 」をクリック

まず、仮想マシンの構成ファイルの配置先を指定します。ここでは、配置先ホストのローカルパスを指定します。

配置先ホストのローカルパスを指定

次は、展開する仮想マシンのホスト名を指定します。今回は、SQL-TEST と名前を付けます。ここでは FQDN 名での指定をして下さい。

ここでは FQDN 名での指定

VHD の配置先パスを指定します。ホストのローカルパスを指定し、ファイル名の指定も行います。
これで、プロパティの設定が完了です。

VHD の配置先パスを指定

すべてのプロパティの設定が完了したため、変更を反映させる必要があります。
上部リボンのプレビューの更新ボタンをクリックして、最新の情報へ更新します。

更新ボタンをクリック

サービスの自動展開の開始

最新の情報へ更新が完了したら、いよいよ自動展開を行います。上部リボンにある、サービスの展開ボタンをクリックします。

ービスの展開ボタンをクリック

以下のダイアログが表示されるので、展開ボタンをクリックします。

以下のダイアログが表示されるので、展開ボタンをクリックします。

ジョブが開始され、SCVMM での自動展開が開始されました。展開には多少の時間が掛かるので、暫く待ちます。
ジョブの画面を見ると、どの様にして、仮想マシンが展開され、SQL Server の構成が行われていくのかがわかります。

サービスの展開が完了しました。
以下のジョブの画面を見ると、様々なプロセスを経て展開が完了したのかがわかります。

以下のジョブの画面を見ると、様々なプロセスを経て展開が完了したのかがわかります

以下のジョブの画面を見ると、様々なプロセスを経て展開が完了したのかがわかります

展開完了後の仮想マシンとサービスの確認

ジョブが完了し、無事に仮想マシン作成され SQL Server が展開されているかを確認します。
VM とサービスのメニューから、展開先のホストを選択して、サービス名が書かれたツリーを展開します。
特に問題なく、サービスの展開が行われたようです。

サービス名が書かれたツリーを展開します

では、作成された仮想マシンへログオンし、SQL Server の展開が正常に完了してるかを確認します。
SQL Server の管理者に指定したアカウントで仮想マシンへログオンします。

SQL Server の管理者に指定したアカウントで仮想マシンへログオン

コントロールパネルから管理ツールを経て、サービスを起動します。
インストールした SQL Server のインスタンスが正常にサービスとして起動しているかを確認します。

SQL Server のインスタンスが正常にサービスとして起動しているかを確認

次に、Windows ファイアウォールの確認をします。

次に、Windows ファイアウォールの確認をします。

次に、スタート画面から、SQL Server 2012 Management Studio を起動します。

スタート画面から、SQL Server 2012 Management Studio を起動します。

SQL Server 2012 Management Studio の起動中。

SQL Server 2012 Management Studio の起動中。

SQL Server へのログオン画面。

データベースサーバの名前が、ホスト名\インスタンス名となっているのを確認

無事にログオンできました。データベースサーバの名前が、ホスト名\インスタンス名となっているのを確認します。

無事にログオンできました。データベースサーバの名前が、ホスト名\インスタンス名となっているのを確認します。

以上で、SCVMM による、SQL Server の自動展開の解説は終了です。


, ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.