ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

SQL Server データ層アプリケーションの展開の方法


前回で、System Center 2012 Virtual Machine Manager による、SQL Server の自動展開について解説をしました。

SQL Server の自動展開についてはだいたい理解はできたのではないでしょうか。今回は、それの応用として、新しく SQL Server を展開し、別の SQL Server で作成したデータを( 今回は Table の内容 )を SQL Server に含める形で展開する方法を解説します。

SQL Server データ層アプリケーションの展開の方法

SQL Server データ層アプリケーション( DAC )とは

そもそも、SQL Server データ層アプリケーションフレームワークはとは何か。

SQL Server 及び Windows Azure SQL データベースに対して、データベースの開発と管理に必要なアプリケーションライフサイクルサービスを提供するコンポーネントです。
※ 以上 Microsoft のサイトより引用。

わかりにくいですね。簡単に言えば、要するに他の SQL Server で作成したデータ層アプリケーション( table などのデータやクエリなど )を他の SQL Server 及び、Windows Azure のSQL Server にデプロイ、つまり配置できます。

新規に仮想マシンと SQL Server を展開する必要があるが、既存のデータベース( マスターデータベース )を基にデータベースの開発を行いたい場合などに使用すれば、新しくデータベースを作成する必要がなく、仮想マシンの展開が完了とともに、既存のデータベースの展開も完了するため、開発に関するコストや時間・工数などが大幅にカットされるため、非常に手早く作業を行えます。

SQL Server インスタンスイメージの準備を含んだ VHD を作成した際、SQL Server のデータ層アプリケーションフレームワークをインストールしたのはこの機能を実装させるためです。
つまり、マスタイメージの段階で、事前に準備しておくことで、SQL Server の展開時にデータ層アプリケーションを展開できると負うわけです。

前置きが長くなってしまいましたので、この辺りで本題のデータ層アプリケーション( DAC )の自動展開の方法について解説します。

データ層アプリケーションの抽出

データ層アプリケーションを展開するには、基となるデータベースが必要です。
基となるデータベースからデータ層アプリケーションを抽出し、パッケージ化を行う作業を行う必要があります。まず、基となるデータを含む SQL Server へログオンし、目的のデータベースを展開します。

データ層アプリケーションの抽出

展開したら、目的のデータベースを右クリックして、タスク → データ層アプリケーションの抽出を選択します。

データ層アプリケーション( DAC )の抽出ウィザードが起動しますので、次へをクリックします。

データ層アプリケーション( DAC )の抽出ウィザードが起動しますので、次へをクリックします。

次へをクリックします

プロパティの設定画面で、アプリケーション名・バージョンナンバー・パッケージの保存先を指定します。

プロパティの設定画面で、アプリケーション名・バージョンナンバー・パッケージの保存先を指定します。

概要の画面で、抽出内容・名前・保存先に問題が無いことを確認して、次へをクリックします。

次へをクリック

DAC パッケージの作成が開始されました。

DAC パッケージの作成が開始されました。

パッケージ化が完了したので、完了ボタンをクリックして、ウィザードを終了します。

パッケージ化が完了したので、完了ボタンをクリックして、ウィザードを終了します。

SCVMM にインポートする

DAC のパッケージ化が完了したら、SCVMM のライブラリへ移動し、物理リソースのインポートボタンをクリックします。

DAC のパッケージ化が完了したら、SCVMM のライブラリへ移動し、物理リソースのインポートボタンをクリックします。

パッケージの選択と、保存先を指定して、インポートを実行します。

パッケージの選択と、保存先を指定して、インポートを実行します。

インポートが完了したら、SCVMM のライブラリからインポートした DAC パッケージを確認します。

インポートが完了したら、SCVMM のライブラリからインポートした DAC パッケージを確認します。

サービステンプレートの作成

DAC を展開する準備が整いましたので、サービステンプレートを作成して仮想マシン( DAC を含む SQL Server )の展開の構成を行います。ライブラリからサービステンプレートを作成します。

サービステンプレートを作成

新しいサービステンプレートのウインドウで、単一マシンを選択します。

単一マシンを選択

サービステンプレートデザイナーが起動するので、左ペインにある VM テンプレートの一覧か、SQL Server 構成の VM テンプレートをドラッグします。

SQL Server 構成の VM テンプレートをドラッグ

VM テンプレートを適用したら、右クリックをして、プロパティを選択します。

VM テンプレートを適用したら、右っクリックをして、プロパティを選択します。

アプリケーションの構成画面を開き、互換性のあるオペレーティングシステムにすべてチェックを入れます。

互換性のあるオペレーティングシステムにすべてチェック

データ層アプリケーションの設定と構成

次に、上部の追加タブをクリックして、SQL Server データ層アプリケーションを選択します。

SQL Server データ層アプリケーションを選択

データ層アプリケーションの構成画面で、アプリケーションの名前を入力して、データ層アプリケーションパッケージを選択する必要があるので、参照ボタンをクリックします。

参照ボタンをクリック

アプリケーションパッケージから、インポートした DAC パッケージを選択します。

アプリケーションパッケージから、インポートした DAC パッケージを選択します。

アプリケーションパッケージを設定したら、一番下にある、詳細ボタンをクリックします。

一番下にある、詳細ボタン

詳細設定というウインドウが表示されるので、一番下にある、SQL Server インスタンス名を入力します。
ここの設定は見落としがちになるので、必ず、インスタンス名を入力しておきます。忘れた場合、インスタンス固有のエラーで展開に失敗します。

必ず、インスタンス名を入力

SQL Server の構成と設定

データ層アプリケーションの構成と設定が完了したら次は、SQL Server の構成を行います。ここでの構成は、前回構成した内容と全く同じ内容です。
インスタンス名・実行アカウントの設定など、画像を参考に設定します。

インスタンス名・実行アカウントの設定など、画像を参考に設定します。

構成の画面では、インストールメディアのパス・SQL Server の管理者・システム管理者パスワードの実行アカウントなどを設定します。
サービスアカウントの構成は任意のアカウントを指定して、サービステンプレートの設定は完了です。

サービスアカウントの構成は任意のアカウントを指定して、サービステンプレートの設定は完了です。

サービスの展開の準備と実行

サービステンプレートデザイナーの上部リボンにある、展開の構成をクリック後、表示されるサービスの展開ウインドウから展開に関する仮想マシンの設定を行い、サービス展開の最終設定を行います。
まず、一番下にある選択ボタンをクリックして、展開先のホストを選択します。

展開先のホストを選択

ホストの一覧が表示されるので、一覧の中から、任意のホストを選択します。

任意のホストを選択

ホストの選択を終えたら、上部リボンのプレビューに更新をクリック後、右下にある、すべてのプロパティをクリックします。

ホストの選択を終えたら、上部リボンのプレビューに更新をクリック後、右下にある、すべてのプロパティをクリックします。

仮想マシンを配置するホストで仮想マシンの構成ファイルを保管する場所をホストのローカルパスで指定します。

ホストのローカルパスで指定

ホスト名を指定します。

ホスト名を指定

VHD の保存先を指定します。

VHD の保存先を指定します。

べてのプロパティの設定が完了したら、サービスの展開ウインドウへ戻り、プレビューの更新をクリックします。

仮想マシンの展開の準備が完全に整いましたので、サービスの展開をクリックして展開を開始します。
展開が開始されると暫く時間が掛かるため、適当に待ちましょう。ジョブの画面を見ながら待機するのが一番いいかもしれません。

プレビューの更新をクリックします。

サービスの展開の終了と動作の確認

上記設定をすべて終え、サービスの展開を開始後、展開が開始され、様々なジョブが開始されます。
展開の終了にはそこそこ時間が掛かるため、暫くは待ちます。

以下がジョブの完了画面です。すべてのジョブにおいて正常にジョブが完了しています。

すべてのジョブにおいて正常にジョブが完了

SCVMM のサービスの一覧画面で、展開した仮想マシンと、SQL Server データ層アプリケーションが正常に展開されているのを確認します。以下の画像の様に、DAC パッケージがきちんと配置されているのがわかります。

SQL Server データ層アプリケーションが正常に展開されているのを確認

次に、展開された仮想マシンへコンソール経由でログオンします。
仮想マシンには SQL Server の展開時に指定した管理者アカウントでログオンします。

次に、展開された仮想マシンへコンソール経由でログオンします。 仮想マシンには SQL Server の展開時に指定した管理者アカウントでログオンします。

ログオンに成功したら、スタート画面にある、SQL Server Management Studio を起動します。

ログオンに成功したら、スタート画面にある、SQL Server Management Studio を起動します。

SQL Server へのログオン画面が表示されるので( Windows 認証の場合、ログオンしたアカウントが既に指定されている )ログオンします。

SQL Server へのログオン画面が表示されるので( Windows 認証の場合、ログオンしたアカウントが既に指定されている )ログオンします。

ログオンし、データベースを展開すると、一番最初に行ったデータ層アプリケーションの抽出時のデータベースが展開されているのがわかります。

ログオンし、データベースを展開すると、一番最初に行ったデータ層アプリケーションの抽出時のデータベースが展開されているのがわかります。

以下はテーブルのデザインビューの画面。

以下はテーブルのデザインビューの画面。

これで、無事にデータ層アプリケーションの展開が完了しました。
このように、自動的に SQL Server が展開され、基となるデータベースも自動的に展開されます。

以上で、SQL Server データ層アプリケーションの展開についての解説は終了です。


, , ,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.