ソフマップ・ドットコム

Windows Server での仮想環境( Windows Server 2012 と SCVMM )での検証や勉強した事を書き綴る技術色の強いブログです。

日本 Microsoft が Surface RT の値下げキャンペーンを継続すると発表


6 月 14 日から 7 月 14 日まで期間限定で Surface RT の値下キャンペーンを行っていましたが、好評に応えるに為とし、しばらく値下げキャンペーンを継続すると発表した。

Surface RT の値下を継続
日本マイクロソフトは 7 月 12 日、14 日までの期間限定キャンペーンだった Surface RT の値下げを、キャンペーン終了後も継続すると発表した。「 キャンペーンの延長・継続に多くの要望をいただいた 」ため、「 好評に応える 」としている。

Surface RT は、タブレット用OS「 Windows RT 」を搭載した 10.6 インチタブレット。直販価格は 32 G バイト版が 4 万 9800 円、64 G バイト版が 5 万 7800 円だったが、それぞれ 1 万円値下げし、3 万 9800 円、4 万 7800 円とする。キーボード兼用のタッチカバー付きモデルも同様に、1 万円値下げする。

Surface RT の販売台数は非公表。販売不振も伝えられているが、同社の樋口泰行社長は値下げキャンペーン発表時の会見でその見方を否定し、「 Surface RT はたいへん好調 」と繰り返し、iPad 対抗のための値下げだと話していた。

記事引用元:Yahoo!ニュース – Surface RTの値下げ、キャンペーン終了後も継続「好評に応え」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000032-zdn_n-sci

販売が好調とはとても思えないんですけど。そもそも売れ行きが好調なら、販売台数を非公表にする必要は無いと思われるんですが。
前回の記事でも書きましたが、Surface RT に比べ、値段は張るものの、Surface Pro の方が断然お得で、Surface RT を買う理由が見当たりません。
幾ら値下げしても、Surface Pro との格差が酷すぎるので、どうあがいても Surface RT は売れんでしょうよ。SSD 64G で 4 万 7800 円って高いよ。値下げでもこの値段じゃ、誰も買わない。

年末商戦の頃には投げ売りされている絵が容易に想像できますね。


,


Facebook ページへの「いいね!」もお願いします。 Facebook ページで最新記事のお知らせと、外部サイトの紹介を行っています。
是非「いいね!」をしていただき、最新の情報を Facebook で受け取ってください。



Comments are currently closed.